ラヂオヴィラのご紹介
ラヂオヴィラ は、NPO法人八ヶ岳コミュニティ放送 と 株式会社エフエム八ヶ岳 の2つの法人が入居する施設です。NPO法人八ヶ岳コミュニティ放送はFMラジオ局の エフエム八ヶ岳 を運営しています。このNPO法人を、事業と経営面でサポートするのが 株式会社エフエム八ヶ岳 です。
運営団体について
組織名
非営利活動法人(NPO法人)八ヶ岳コミュニティ放送
株式会社エフエム八ヶ岳
住所
〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3409-2
電話・FAX
TEL:0551-36-6700
FAX:0551-36-6701
法人概要
2005年 5月 NPO法人認証取得
2005年 11月 株式会社設立
2006年 4月 超短波放送(コミュニティ放送)予備免許取得
2006年 9月1日 総務省関東総合通信局から免許を交付される
2006年 10月1日 本放送開始
NPO法人 組織概要
理事 10人、 監事1人
正会員 法人40団体 個人13人(2019年3月現在)
主な活動・事業
■ 八ヶ岳コミュニティ放送 【コミュニティ放送事業】
・FMラジオ局の運営
・NPO紹介
・放送関連事業
・教育事業
・その他関連事業

■ 株式会社エフエム八ヶ岳 【コミュニティ放送事業】
・広告代理店事業
・インターネット事業 ・出版事業
・イベント企画事業
・その他関連事業
エフエム八ヶ岳 (八ヶ岳コミュニティ放送) のご案内
エフエム八ヶ岳は、NPO法人八ヶ岳コミュニティ放送が運営する市民主役の放送局です。
放送スタジオを持つ施設「ラヂオヴィラ」(小淵沢)、「ワニワニ」(韮崎・ニコリ)を市民の皆さまにフルオープン、市民が主体となって運営する放送局です。
このNPO法人を事業、経営面でサポートするのが株式会社エフエム八ヶ岳です。
市民に開放されたFMラジオ局「エフエム八ヶ岳」は、市民生活に密着した番組づくりを心掛けます。
放送局の概要
演奏所所在地
小淵沢・本社スタジオ
〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3409-2
TEL:0551-36-6700 FAX:0551-36-6701

韮崎・ニコリスタジオ
〒407-0015 山梨県韮崎市若宮1-2-50
TEL,FAX:0551-45-8227
割り当て周波数
82.2メガヘルツ
出力
20ワット
送信所
韮崎市穴山町重久
可聴範囲
北杜、韮崎、甲斐の3市、峡北広域行政圏と南アルプス市と長野県富士見町の一部
放送エリア内人口
約14万人
地域特性
八ケ岳山麓の観光・リゾート地、里山の形態を残す農業地帯。韮崎、甲斐などの地方商業都市、住宅都市。
放送局コンセプト
自然保全を基本理念に、地域密着、住民参加を重視。熟年世代から若年層まで年齢を問わずどなたにも聞いていただける番組制作を目指しています。
放送事項
生活情報
一般ニュース・天気予報・災害、防災情報・農業情報・道路交通情報等
行政情報
市広報・市議会広報・公民館、学校などの公共施設広報
観光情報
観光地、観光施設の案内・宿泊施設の案内・行楽地情報・各種イベント情報等
教育
生涯学習講座・児童、生徒向け講座
教養
史跡、文化施設の案内・地域美術館などの学芸員講座・文化、音楽講演会等
娯楽
音楽演奏会・スポーツ行事・朗読・演芸等
広告
商業案内・スポット等
その他
自主制作番組等
審議会情報>
各種会員の募集
正会員
法人
入会金1口/8万円  年会費1口/2万円(入会時10万円)
個人
入会金1口/2万円  年会費1口/1万円(入会時 3万円)
  • 総会での議決権を持つ当NPO放送局のオーナーともいえるメンバーです。
  • 法人並びに個人が入会資格を有します。
賛助会員
法人
年会費1口/1万円
個人
年会費1口/3千円
  • 当NPO放送局を幅広く支えていただく会員です。
お払い込み先
銀行:山梨中央銀行本店(店番101) 口座番号:普通 1899459
受取人:NPO法人八ヶ岳コミュニティ放送
エヌピーオー ホウジン ヤツガタケ コミュニティ ホウソウ
郵便局
口座番号:00290-4-43980
口座名称:NPO法人八ヶ岳コミュニティ放送
シンボルカラー
「ラヂオヴィラ」は、八ヶ岳、南アルプス、秩父山系に抱かれたふるさとの自然や環境を保全していくことを第一義として活動します。 これを基本理念として、シンボルカラーは、ブルー・グリーン・ブルーの3色です。高原の青空、樹木の緑、青い清流のイメージです。
シンボルマーク
ラヂオヴィラにスタジオを構える コミュニティーFMラジオ局のエフエム八ヶ岳、そのシンボルは「フクロウとブナの木」です。

ブナの木は、大雨が降っても雨水をしっかり保水し、徐々に流出させる能力を持つといわれ、自然環境保全の要となる樹木です。 ブナの木の上で構えるフクロウは「森の守り神」です。
フクロウは森の哲学者と呼ばれ、知恵、芸術、信頼のシンボルとされています。外国では夜行性から、予言者といった意味もあります。 シンボルマーク「フクロウとブナの木」は、エフエム八ヶ岳の理念、自然保全を象徴しています。 たっぷりと情報を蓄え、時に素早く、 時に社会情勢をにらみながら情報発信することを表しています。
設立コンセプト
山梨県北部の八ケ岳山麓の自然環境を保全する精神を基本に、情報化の最先端技術を駆使した放送事業というメディアを通じて、地域住民のコミュニケーションを図り、安心して生活し、生きることに喜びを感じるような地域社会づくりに貢献したいと考えております。
そのために、
①きめ細かな地域情報や行政・生活・文化情報の発信基地
②災害時・緊急時の住民の安全確保に向けての情報伝達基地
③住民参加の開かれた放送局として活力ある地域づくりに寄与する
このことを中心に特定非営利活動法人(NPO法人)八ケ岳コミュニティ放送が運営するラジオ放送事業を展開します。
代表理事のあいさつ
特定非営利活動法人(NPO法人)八ケ岳コミュニティ放送は2006年10月1日、日本の代表的なリゾート地八ケ岳山麓に、コミュニティFMラジオ放送局「エフエム八ケ岳」を開局しました。エフエム八ヶ岳は自然保全を基本理念に、NPO法人の運営で放送事業を行っています。情報発信拠点となる送信所は現在、韮崎市穴山町に設置し、本社スタジオの北杜市小淵沢町のスタジオ「ラヂオヴィラ」と韮崎市若宮の韮崎市民交流センター・ニコリのサテライト・スタジオ「ワニワニ」で放送事業を展開しております。

FMコミュニティ放送は、1992(平成4)年に制度が作られ、現在、全国で300局以上が活動しています。1995年の阪神・淡路大震災、2004年の新潟県中越地震、2011年の東日本大震災などの災害時には、コミュニティFMラジオの細やかなコミュニケーション機能が発揮され、被災住民の情報確保に役立ったという報告が寄せられました。エフエム八ヶ岳は、地域の活性化と安心・安全を支えるために、いっそうの努力をしてまいります。

八ヶ岳山麓には、自然と人が共存する里山の機能が残っています。恵まれた自然環境を守りながら、地域の人たちのコミュニケーションを図り、住みやすい地域づくりのお手伝いができればと考えています。多くの皆様のご支援を賜りますようお願いいたします。


代表理事 山本 昭