エフエム八ヶ岳 トップページ エフエム八ヶ岳 タイムテーブル 月曜〜金曜 エフエム八ヶ岳 タイムテーブル 土曜と日曜 エフエム八ヶ岳 スタジオ エフエム八ヶ岳 運営団体 エフエム八ヶ岳 イベント情報 エフエム八ヶ岳 電波に乗せて宣伝します エフエム八ヶ岳 パーソナリティ紹介 エフエム八ヶ岳 はボランティアスタッフを募集してます
 八ヶ岳の森から心地よいサウンドと楽しい情報を発信  NPO法人コミュニティ放送 エフエム八ヶ岳
放送局概要 運営団体 サイトポリシー

Info City

八ヶ岳周辺のフレッシュなイベント情報などのお知らせ
放送日、時間 月曜日〜金曜日
8 時 00 分 〜 8 時 15 分 / 9 時 00 分 〜 9 時 15 分 / 10 時 00 分 〜 10 時 15 分 / 13 時 00 分 〜 13 時 10 分

<< イベント >>

■道の駅こぶちさわ 今年もやります! 朝市

・7月24日月曜日から8月26日土曜日まで毎日、午前8時から正午まで開かれます。
・場所は、北杜市小淵沢町のスパテイオ小淵沢・道の駅こぶちさわです。
 道の駅こぶちさわ生産者の皆さんが、採りたての野菜、花、果物とジャムなどの加工品を販売します。
 売り切れ次第終了となります。
・お問い合わせは、電話0551−36−3280 スパティオ小淵沢までお願いします。


■CAT ZAKKA MARCHE

・8月1日火曜日から8月8日火曜日まで開かれます。
・場所は、北杜市小淵沢町のおもだか屋アートステージです。
 ネコ・パブリッシングのプロデュースによる、ネコ好きクリエイターたちとコラボした、つい集めたくなってしまう
 “大人かわいい”がコンセプトの小物や日用品のマルシェです。
 入場無料です。
・お問い合わせは、電話0551−20−5330 おもだか屋アートステージまでお願いします。


<< 学習会 >>

■星見里(ほくと)の会 「親子星空教室」

・7月27日木曜日午後7時から開かれます。
・場所は、北杜市の高根町農村環境改善センターです。
 親子で星を知って、星座を探して、いつもの夜空をもっと楽しみましょう。
 定員は10組で、予約制、参加費は500円です。
・問合せ・申込みは、電話080−5227−6776 星見里の会代表 宮下さんまでお願いします。


<< 講座 >>

■平成29年度 山梨学講座「山梨の戦争と戦争遺跡を語り継ぐ」
 第3回本土決戦へ 峡北地域の戦争遺跡の実相

・7月31日月曜日午後2時から3時半まで開かれます。
・場所は甲府市の山梨県防災新館の山梨県生涯学習推進センター交流室と、サテライト会場・韮崎市の北巨摩合同庁舎です。
 1945年(昭和20年)空襲は激化し、本土決戦が叫ばれるなか、長野県松代に大本営を移転する計画がありました。
 隣接する山梨県、特に峡北地域はその前衛として多くの軍施設、軍関係機関が移転してきました。
 戦争は前線で闘ってきた兵士のいる場所だけではありません。
 私たちの町にも国家総動員体制があり、闘いの跡が残されています。
 講師は、韮崎七里岩地下壕を保存する会事務局長の向山三樹さんです。
 定員は、甲府会場70人、韮崎サテライト会場50人、受講料無料です。事前の申し込みをお願いします。
・申込み・問合せは、電話055−223−1853 山梨県生涯学習センターまでお願いします。


■平成29年度 山梨学講座「悲運の名将 武田勝頼が担った 武田氏と甲斐の国」
 第4回 田野での最期〜武田氏滅亡

・8月1日火曜日午後2時から3時半まで開かれます。
・場所は甲府市の山梨県防災新館の山梨県生涯学習推進センター交流室と、サテライト会場・韮崎市の北巨摩合同庁舎です。
 本講座では、小田原 北条との同盟破棄や遠江高天神城の救援失敗により武田氏は衰退の一途を辿り、
 武田氏滅亡に至った武田家内部の崩壊と勝頼の最期までをまとめます。
 講師は、歴史学者・武田氏研究会副会長の平山優さんです。
 定員は、甲府会場70人、韮崎サテライト会場50人、受講料無料です。事前の申し込みをお願いします。
・申込み・問合せは、電話055−223−1853 山梨県生涯学習センターまでお願いします。


■無料塾・タダゼミ「中学生向け 夏の特別 理科・社会 講座」

・8月3日木曜日と4日金曜日の午前9時から正午まで開かれます。
・場所は、韮崎市の韮崎市民交流センター・ニコリです。
 3日は「よくわかる中学理科 おもしろ科学実験」で、持ち物は教科書とワークです。
 4日は「高校入試にも役立つ社会科〜地理・歴史・公民がすきになる」で、持ち物は教科書と地図帳です。
 参加は自由で、参加費は無料です。
・お問い合わせは、電話090−1430−3743 無料塾・タダゼミ事務局 深沢さんまでお願いします。


<< 観劇 >>

■劇団 天然木「ミュージカル」

・8月2日水曜日午後2時からと6時半の2回開かれます。
・場所は、北杜市の高根町農村環境改善センターです。
 ファミリー劇団 天然木が3年ぶりに熊本からやってきます。
 ど田舎に住む女子高生 ハルが主人公の物語で、すべてオリジナルのストーリー。
 歌、音楽、踊り、演劇、大道具、小道具など、見どころ、聴きどころ満載のミュージカルです。
 今回は、地元の小中学生によるショートミュージカルもあります。
 事前に申し込みの入場料は、4歳から中学生が500円、大人が1500円です。
・申込み・問合せは、電話090−5345−8201 どんぐりと山猫舎 シオバラさんまでお願いします。


<< 民俗芸能 >>

■平成29年度 北杜市郷土資料館企画展 神々に捧げる祈りの舞〜北杜の神楽

・10月22日まで開かれています。
・場所は、北杜市長坂町の北杜市郷土資料館です。
 今回の企画展は、北杜市内でおよそ50カ所の神社で舞われている大和神楽がどういうものなのか、舞っている演目は
 何を表しているのかなど、市内の神楽を中心に北杜市の民俗芸能について紹介しています。
・お問い合わせは、電話0551−32−6498 北杜市郷土資料館までお願いします。


<< コンサート >>

■八ヶ岳 サマー コンサート ヴァイオリンとピアノ お楽しみコンサート

・7月22日土曜日午後3時から開かれます。
・場所は、北杜市高根町の八ヶ岳やまびこホールです。
 出演は、ヴァイオリン・石井牧さん、ピアノ・萩島薫さんと森田基子さんです。
 演奏曲目は、サラサーテ作曲・カルメン幻想曲、フォーレ作曲・夢のあとに、
 クライスラー作曲・プレリュードとアレグロ他です。
 入場料は1,500円で全席自由です。
・お問い合わせは、電話090−1263−7586 森田さんまでお願いします。


<< 体験 >>

■「ガイドウォーク〜森のお散歩」

・7月22日土曜日、23日日曜日に開かれます。
・場所は、北杜市大泉町の山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンターです。
 22日は午後2時から3時まで、23日は午前11時から正午まで行います。
 自然案内人が、清里の自然を案内します。恵みの雨、葉っぱのしずく、きらめく光。
 夏に向かう森の中で耳をすませば、降ってくる声。高原のセミかもしれません。
 定員は20人、参加無料、事前予約受付中です。
・また、7月22日から8月31日まで、毎日「みんなの遊び場」「森のクイズラリー」「大人のぬりえ」
 「紋切り遊び」などで楽しめます。参加無料、予約不要です。
・申込み・問合せは、電話0551−48−2900 八ヶ岳自然ふれあいセンターまでお願いします。


■木工作教室

・7月26日水曜日から8月6日日曜日までの午前10時から午後2時まで開かれます。
・場所は、北杜市明野町の明野子ども美術館です。
 山梨県産やいろいろな種類の木を使って、時計・本箱・CDラック・小物入れなど好きなものを作ります。
 道具の使い方を学びながら、おもいおもいのデザインで全部一人で作ります。
 対象は、幼児から大人までで、幼児には、大人の付き添い参加が必要です。
 各日定員10人で、予約が必要です。
 参加費は、子ども1,000円、大人2,000円です。
・申込み・問合せは、電話0551−25−5340 明野子ども美術館までお願いします。


■葉脈しおり作り体験教室

・7月29日土曜日午前10時から正午まで開かれます。
・場所は、韮崎市穂坂町の穂坂自然公園ふれあいセンターです。
 身近な葉から葉脈だけを取り出し、着色、ラミネート加工を施して、きれいな「しおり」を作るイベントです。
 汚れてもよい服装でご参加ください。
 定員は12人で、参加費は200円です。
 必ず事前の予約をお願いします。
・申込み・問合せは、電話0551−37−4362 穂坂自然公園ふれあいセンターまでお願いします。


■桃のジャム作り体験教室

・7月22日土曜日午前10時から正午まで開かれます。
・場所は、韮崎市穂坂町の穂坂自然公園ふれあいセンターです。
 山梨県特産のおいしい桃を材料に、ジャムを手作りするイベントです。できたジャムは、持ち帰れます。
 ジャム作りに適した服装でご参加ください。
 定員は20人で、参加費は500円です。
 必ず事前の予約をお願いします。
・申込み・問合せは、電話0551−37−4362 穂坂自然公園ふれあいセンターまでお願いします。


<< 講演会 >>

■縄文王国山梨「発掘でわかった土器づくり」

・7月23日日曜日午前10時から11時半まで開かれます。
・場所は、韮崎市藤井町の韮崎市民俗資料館です。
 山梨の縄文土器は、世界中から注目を浴びています。
 そんな縄文土器の土器作りのことを対話形式で分かりやすくお話しします。
 講師は、土器作り名人の櫛原功一さんで、定員は20人です。
・申込み・問合せは、電話0551−22−1696 韮崎市民俗資料館までお願いします。


<< つどい >>

■あした葉の会巡回交流会「たのしく わらいヨガ」

・7月25日火曜日午後1時半から3時半まで開かれます。
・場所は、韮崎市 JR韮崎駅前の韮崎市民交流センター・ニコリです。
 講師は、認定ラフターヨガティーチャーの黒田利夫さんで、講演のあと、情報交換や話し合いがあります。
 笑いが健康に良いことは広く知られています。とはいえ、一人でいるとき、
 あるいはとても笑う気になれないときなど、無理に笑顔を作るのも難しいですね。
 そんなときは、笑いヨガを体験し、生活の中に笑いを取り入れてみませんか。
 参加無料です。参加を希望する方は、7月20日木曜日までにお申し込みください。
・申込み・問合せは、電話0551−22−3566 担当地域会「虹の会」事務局までお願いします。


<< 朗読会 >>

■第93回 大人のための朗読会「やまびこ」

・7月21日金曜日午後1時半から開かれます。
・場所は、北杜市高根町のたかね図書館です。
 出演は、東井出コスモスの会の皆さんです。
 出羽伊津子さんが、松田豊司作「けちんぼのばあ様」、秋山ひと美さんが、江國香織作「草之丞の話」、
 白倉一民さんが、青山七恵作「予感」、秋山貴子さんが、藤沢周平作「三年目」、
 白倉和美さんが、夏川草介作「神様のカルテ1」より、植松京子さんが、柳広司作「ソクラテスの妻」を
 それぞれ朗読します。
 入場無料、予約不要で、どなたでもご参加いただけます。
・お問い合わせは、電話0551−47−4784 たかね図書館までお願いします。


<< ボランティア募集 >>

■清春芸術村内の監視と案内

・北杜市長坂町の清春芸術村は、一緒に清春芸術村を盛り上げてくれる方を募集しています。
・仕事は、清春芸術村内の清春白樺美術館・光の美術館での監視及び芸術村内の案内です。
 昼食・交通費として1,000円支給されます。
 火曜日から日曜日午前10時から午後4時までの都合のよい日時に活動します。
・お問い合わせは、電話0551−32−4865 清春芸術村までお願いします。


<< 展覧会 >>

■「木村 利三郎 追悼」展

・7月29日土曜日から10月1日まで開かれます。
・場所は、南アルプス市の南アルプス市立美術館です。
 1924年(大正13年)に横須賀で生まれ、2014年(平成26年)に亡くなった木村利三郎は、
 “リサ”の愛称で親しまれました。ニューヨークを基点に活動しながら、都市の崩壊と再生、あるいは宇宙
 をテーマに描き続けた戦後の日本を代表する美術家の一人です。
 本展覧会は、およそ70点の版画や水彩画の代表作が展示されます。
・お問い合わせは、電話055−282−6600 南アルプス市立美術館までお願いします。


■大橋 睦 exhibition

・7月24日月曜日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町のビャルリーアビアントです。
 陶芸作家の大橋さんが、薪窯で焼いた炎のエネルギーをたっぷりと吸い込んだ「焼き締めの器」は、
 素朴で力強い風合いが特徴です。
 皿をはじめ、カップやポット、花入れ、酒器など、新作120点を展示・販売しています。
・お問い合わせは、電話0551−36−4678 ギャルリーアビアントまでお願いします。


■開館20周年記念特別展『リサとガスパール とうきょうへいく』刊行記念
 リサとガスパール絵本原画展

・9月25日まで開かれています。
・場所は、北杜市高根町のえほんミュージアム清里です。
 アン・グッドマンとゲオルグ・ハレンスレーベン夫妻が描く犬でもウサギでもない不思議な二人が活躍する物語です。
 この展覧会は、最新刊『リサとガスパール とうきょうへいく』のすべての原画と、
 シリーズの既刊作品から厳選した原画、合わせておよそ50点の絵本原画を、スケッチなどとともに展示しています。
・お問い合わせは、電話0551−48−2220 えほんミュージアム清里までお願いします。


■雲母kira平山郁夫とシルクロードのガラス

・7月22日土曜日から9月18日まで開かれます。
・場所は、北杜市長坂町の平山郁夫シルクロード美術館です。
 いにしえの時代よりあらゆる人々を魅了してきたガラスがテーマ。香油入れ、酒盃、トンボ玉、白瑠璃碗など、
 貴重な交易品、贈答品としてシルクロードを行き交う人々とともに、西はローマやエジプト、シリア、東は西安、慶州、
 そして奈良の正倉院へと運ばれてきました。
 このシルクロードのガラスの名品およそ300点を、古代メソポタミアからイスラム時代までおよそ3000年におよぶ
 ガラスの歴史とその驚くべき超絶技法とともに紹介します。
・お問い合わせは、電話0551−32−0225 平山郁夫シルクロード美術館までお願いします。


■パトリシア・フィールド アート・コレクション 〜パトリシア・フィールドの世界

・11月19日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町の中村キース・ヘリング美術館です。
 パトリシア・フィールドは1942年ニューヨーク生まれのスタイリストで、映画「プラダを着た悪魔」、
 テレビドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」などで名をはせたました。
 フィールドのアートコレクションの主要作品 190点が中村キース・ヘリング美術館に収蔵され、
 ブティックアートが「パトリシア・フィールド・アートコレクション」として、新たに展開されています。
・お問い合わせは、電話0551−36−8712 中村キース・ヘリング美術館までお願いします。


■松風直美 個展 「ねこばけ」

・7月30日日曜日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町のおもだか屋アートステージです。
 猫切り絵作家・松風さんの作品は、怖いだけではなく、陽気でかわいい妖怪や猫又たちがにんまり笑っています。
 7月15日、16日は、松風さんが会場にいます。
 入場無料です。
・お問い合わせは、電話0551−20−5330 おもだか屋アートステージまでお願いします。


■糸かけ&フラワーアレンジコラボ 作品展

・7月31日月曜日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町のキッチンハートランドです。
 糸かけの講師・穂刈義光さんと生徒の作品を展示しています。
 糸かけとは、素数に糸をかけていくと、美しい色彩の円が完成する技法です。
 糸かけの体験教室も開催しています。
・お問い合わせは、電話0551−36−6162 キッチンハートランドまでお願いします。


■特別展「フジフイルム・フォトコレクション『私の1枚』日本の写真史を飾った101人」

・8月20日日曜日まで開かれています。
・場所は、甲府市の山梨県立美術館です。
 幕末に写真が渡来してから150年余り、日本では多くの優れた写真家が作品を残してきました。
 本展覧会では、その中でも土門拳、木村伊兵衛ら、特に重要な101人の写真家が撮影した
 「この1枚」と呼べる代表作を展示し、日本写真史の軌跡を紹介します。
・お問い合わせは、電話055−228−3322 山梨県立美術館までお願いします。


■西村豊「八ヶ岳 生きもの ものがたり」

・12月3日まで開かれています。
・場所は、北杜市高根町の清里フォトアートミュージアム K MoPAです。
 八ヶ岳をフィールドに、40年間活動してきた自然写真家・西村豊さんの個展です。
 西村さんの代表作の「ヤマネ」シリーズをはじめ、デビュー作のホンドギツネ、
 また近年、児童向けの写真絵本として発表しているニホンリスの「よつごのこりす」など、
 未発表作品を含むおよそ200点を展示します。
 西村さんの多様な活動と写真から、八ヶ岳の豊かな自然と共存する生きものたちの生命(いのち)の輝き
 を感じることができます。
・お問い合わせは、電話0551−48−5599 清里フォトアートミュージアムまでお願いします。


■HETEROGENEOUS ART OF AFRICA(ヘタロヂーニアス アート オブ アフリカ)異形の美術

・9月25日まで開かれています。
・場所は、北杜市長坂町のアフリカン アート ミュージアムです。
 アフリカの造形は、思いもよらないデフォルメ、フォルム、表現力、質感など、理屈ではなく
 観る者の心に直接訴えかけてくる力があります。それは、数百年の間に淘汰された、民族の根源的な形、表現であり、
 何よりも生きるための願いがこもった魂の造形だからです。
 今回の展覧会では、このような不思議な造形物を紹介しています。
・お問い合わせは、電話0551−45−8111 アフリカンアートミュージアムまでお願いします。


■「開館10周年記念 企画展のあゆみ〜ポスター原画でみる10年」

・7月26日水曜日まで開かれています。
・場所は、韮崎市神山町の韮崎大村美術館です。
 韮崎大村美術館は、平成19年10月27日に開館し、今年、開館10周年を迎えます。
 開館以来、さまざまなテーマによる企画展を開催し、その数は本展覧会で38回目となります。
 コレクションの柱の一つである女性作家たちの作品については、さまざまな切り口からテーマを設定し、
 近代から現代にかけての女性作家たちのあゆみやその世界の広がりを伝えてきました。
 本年10月に10周年を迎えるに先立ち、本展覧会ではこれまで開催してきた企画展のポスターに採用された作品の
 原画を精選して展示し、企画展の歩みを紹介します。
・お問い合わせは、電話0551−23−7775 韮崎大村美術館までお願いします。


■韮崎大村美術館開館10周年記念 企画展 ポスターでみる10年

・7月26日水曜日まで開かれています。
・場所は、韮崎市民交流センターNICORI地下アートギャラリー2です。
 韮崎大村美術館開館10周年という節目にあたり、これまでの企画展ポスターを一堂に展示し、
 これまでの歩みをご紹介します。
 観覧無料です。
・お問い合わせは、電話0551−22−1121 韮崎市民交流センター・ニコリまでお願いします。


■「没後10年 原壽美 移りゆく季節を描く」と「宮澤宝泉 象牙彫刻の世界展」

・7月25日火曜日まで開かれています。
・場所は、南アルプス市立美術館です。
 郷土シリーズ〈南アルプスと富士川流域の作家たち〉の第1弾として、今年で没後10年の節目に当たる
 南アルプス市出身の水墨画家・原壽美の作品をおよそ40点を展示します。
 淡く柔らかな色調で描かれたふるさと山梨の風景をはじめ、移りゆく四季折々の自然美を描いた作品の数々を楽しめます。
 また、同シリーズの第2弾は、市川三郷町出身の宮澤宝泉のこれまで歩んできた象牙彫刻の足跡をたどりながら、
 およそ60点の代表作によって、宮澤宝泉の超絶技巧の世界を味わえます。
・お問い合わせは、電話055−282−6600 南アルプス市立美術館までお願いします。
エフエム八ヶ岳では、リスナーの皆様に、南アルプス市立美術館に入館するペア券を先着5名様にプレゼントします。
 ご希望の方は、電話0551−36−6700エフエム八ヶ岳までご連絡ください。



■八ヶ岳美術館企画展 Parallel Nature 〜自然から学ぶ4カ月

・7月30日まで開催しています。
・場所は、長野県原村の八ヶ岳美術館です。
 版画、油絵、土器作りなどの若手作家、畦地梅太郎、熊谷幸治、末永恵理、山内悠の作品を中心にした展覧会。
 現実世界と同時に存在しているもうひとつの「自然」の姿と、それをとらえる作家の眼差しの中に、
 改めて自然と向き合う手がかりをさぐろうと試みています。
 私たちを取り巻く現実の自然からは見えなかったものが、パラレルに映し出された自然からは見えてくるかもしれません。
・お問い合わせは、電話0266−74−2701 八ヶ岳美術館までお願いします。


■中村キース・ヘリング美術館 開館10周年記念展「キース・ヘリングと日本」

・来年1月8日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町の中村キース・ヘリング美術館です。
 1980年代のアメリカ美術を代表するアーティスト、キース・ヘリングの作品を展示する
 世界で唯一の美術館として出発した中村キース・ヘリング美術館は、2017年に開館10周年を迎え、
 作家の日本での活動にフォーカスした記念展を開催します。
 本展では、器や扇子など代表的な作品を紹介し、日本文化をポップに昇華させたヘリングの自由で多様な世界観を
 提示します。
 1998年に東京で制作された「招き猫」は世界で初公開となる大変貴重な作品です。
 また、1987年に、東京多摩市のパルテノン多摩でおよそ500人の子どもたちと共同制作された壁画を
 6月末まで期間限定で特別展示します。
・お問い合わせは、電話0551−36−8712 中村キース・ヘリング美術館までお願いします。


<< 相談 >>

■障害者とその家族の相談窓口「障害者110番」

・山梨県障害者社会参加推進センターが、山梨県障害者権利擁護事業の一つとして委託を受け行っています。
・一般相談は火曜日から土曜日の午前9時から午後4時までで、祝祭日と年末年始は除きます。
 休日時間外は留守番電話で対応しています。
・弁護士相談は毎月第3火曜日の午後1時半から4時半までで、予約が必要です。
 相談内容は、財産管理・相続・契約・消費者金融・成年後見人のことや、職場・隣人・家族関係の悩み、
 生活・人権・年金・雇用に関すること、そして福祉サービス・医療・保険のことなどです。
 相談は無料で、個人の秘密は固く守られます。
・お問い合わせは、電話055−254−6266 山梨県障害者社会参加推進センターまでお願いします。


<< ボランティア募集 >>

■「あけぼのおもちゃ図書館」で一緒に活動しませんか?

・韮崎市旭町の山梨県立あけぼの医療福祉センターは、「あけぼのおもちゃ図書館」で活動する
・ボランティアを随時募集しています。
 おもちゃ図書館は、障がいのある子どもたちがおもちゃを通して楽しく遊ぶことができるように・・との
 願いから始まったボランティア活動の場です。
 「おもちゃ」が人と人を結びつけ、障がいのある子も、ない子も共に遊び、交流し育ち合っています。
 ボランティアは、障がいのある子どもたちと遊び、おもちゃの出し入れや整理、修理、手作りおもちゃの製作
 などの活動をします。
 活動時間は、第5を除く毎水曜日午前10時から午後4時までですが、短い時間でも大歓迎です。
 また、夏休み限定など、学生さんのボランティアも大歓迎です。
・問合せ・申込みは、電話0551−22−6111 あけぼの医療福祉センター 地域支援課までお願いします。


<< 募集 >>

■明野ひまわりゼミ 講師募集

・明野ひまわりゼミは、無料の学習塾です。
・毎週2回、火曜と木曜の午後6時から8時まで、北杜市明野総合会館で開かれ、12人の小中学生が学んでいます。
 今、ひまわりゼミでは、主として小学生に基礎英語を指導いただける講師を求めています。
 週に1回、1時間でも大歓迎です。なお、報酬、交通費の支給はありません。
・お問い合わせは、電話080−6538−0849 明野ひまわりゼミ代表 駒谷さんまでお願いします。


■無料塾「希望」(タダゼミ) 参加希望者募集

・無料塾「希望」は、経済的に困難な家庭の中学生を対象に、学習支援をしています。
・来年の高校入試前まで、毎週1回、土曜日か日曜日に、およそ3時間の学習支援をします。
 昨年は、県内でおよそ70人の中学生が利用しました。本年度の参加希望者を募集しています。
 参加の対象は中学生です。3年生が中心ですが、2年生、1年生でも参加できます。
 費用は、かかりません。
・会場は、韮崎、北杜長坂のほか甲府、南アルプス、富士吉田の5カ所です。
 教科は、数学、英語を中心に、入試教科の国語、社会、理科も含めた5教科です。
・参加申し込みは、韮崎教室が、電話080−5086−6375
 北杜長坂教室が、電話090−1430−3743 へお問い合わせください。いつでも参加できます。



特定非営利活動法人(NPO法人)八ヶ岳コミュニティ放送 株式会社エフエム八ヶ岳
〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3409-2 TEL:0551-36-6700
メール送信 ↑このページのトップへ戻る
放送局概要 運営団体 サイトポリシー
Copyright(C) 2006 FM YATSUGATAKE.