エフエム八ヶ岳 トップページ エフエム八ヶ岳 タイムテーブル 月曜〜金曜 エフエム八ヶ岳 タイムテーブル 土曜と日曜 エフエム八ヶ岳 スタジオ エフエム八ヶ岳 運営団体 エフエム八ヶ岳 イベント情報 エフエム八ヶ岳 電波に乗せて宣伝します エフエム八ヶ岳 パーソナリティ紹介 エフエム八ヶ岳 はボランティアスタッフを募集してます
 八ヶ岳の森から心地よいサウンドと楽しい情報を発信  NPO法人コミュニティ放送 エフエム八ヶ岳
放送局概要 運営団体 サイトポリシー

Info City

八ヶ岳周辺のフレッシュなイベント情報などのお知らせ
放送日、時間 月曜日〜金曜日
8 時 00 分 〜 8 時 15 分 / 9 時 00 分 〜 9 時 15 分 / 10 時 00 分 〜 10 時 15 分 / 13 時 00 分 〜 13 時 10 分

<< イベント >>

■山菜・花苗・野菜苗 祭り

・5月7日日曜日午前10時から正午まで開かれます。
・場所は、北杜市大泉町のパノラマ市場です。
 揚げたて山菜天ぷらや山菜おひたしの試食会があります。
 また、山菜天ぷらと花や野菜の苗販売会もあります。
・お問い合わせは、電話0551−38−1705 パノラマ市場までお願いします。


<< 体験 >>

■「ガイドウォーク〜森のお散歩」と「みんなのあそび場 芽吹き編」

・「ガイドウォーク〜森のお散歩」は4月29日から5月7日まで毎日開かれます。
 29日は午後2時から3時まで、30日から5月6日までは、午前11時から正午までと午後2時から3時まで、
 7日は午前11時から正午まで行います。
・場所は、北杜市大泉町の山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンターです。
 芽吹いたばかりの葉っぱの色、そのやわらかさ。鳥のさえずり。草原には、動物の落し物いろいろ。
 楽しみながらレンジャーが清里の自然を案内します。
 定員は20人、参加無料、予約が必要です。
・また「みんなのあそび場 芽吹き編」は、4月29日から5月7日まで、午前9時から午後5時まで開かれます。
 会場には絵本に動物たちのぬいぐるみがあり、大人も子どもも横になったり座ったり、
 小さな子ども連れでも家族で安心してゆっくり過ごせます。参加無料、予約不要です。
・申込み・問合せは、電話0551−48−2900 八ヶ岳自然ふれあいセンターまでお願いします。


■木工作入門教室

・4月29日土曜日午前10時から正午まで開かれます。
・場所は、韮崎市穂坂町の穂坂自然公園ふれあいセンターです。
 木工作の基礎知識や木の種類と特性などを学び、実際に作品を作るイベントです。
 木工作に適した服装でご参加ください。
 定員は20人で、参加費は300円です。
 必ず事前の予約をお願いします。
・申込み・問合せは、電話0551−37−4362 穂坂自然公園ふれあいセンターまでお願いします。


<< コンサート >>

■「北杜高校ギター部春風コンサート in スパティオ小淵沢」

・4月30日日曜日午後2時から3時10分まで開かれます。
・場所は、北杜市小淵沢町の「スパティオ小淵沢 本館1階ホール」です。
 出演は、北杜高校ギター部およそ30人のみなさんです。
 定員は200人、整理券をスパティオ小淵沢体験工房で27日木曜日まで配布しています。
・お問い合わせは、電話0551−36−6111 スパティオ小淵沢までお願いします。


<< つどい >>

■ぶどうの会 in 八ヶ岳 第128回月例会

・4月30日日曜日午後1時半から4時まで開かれます。
・場所は、北杜市長坂町のたんぽぽ食堂です。
 ぶどうの会は、すべての子どもたちが、生き生きと自立へと向かって成長できることを願って、
 不登校のことでひとりぼっちで悩む親がなくなるように、お互いに支えあい励ましあいます。
 月例会の交流のつどいは、親が「一息つける場」、聞いているだけでもいい、初めての人もどうぞ、
 関係情報のお知らせ、不登校ミニ講座、自由に何でもしゃべれる雰囲気です。
 参加費は会場費、資料代、お茶代など800円です。
 参加希望の方は、事前にお申し込みください。連絡がなくても参加できます。
・問合せ・申込みは、電話0553−44−5078
 山梨不登校の子どもを持つ親たちの会事務局 鈴木さんまでお願いします。


<< 募集 >>

■2017年 甘利山 春の草刈りボランティア募集

・4月29日土曜日、30日日曜日、午前9時から午後3時まで、時間は随時可能です。
・集合場所は、甘利山山頂付近です。
 甘利山のすばらしい自然を私たちの手で守るため、山頂周辺の草刈りのお手伝いをします。
 持ち物は、昼食、草刈りのできる服装、雨具です。
 鎌は貸し出し、刈り払い機の燃料は支給します。
・お問い合わせは、電話0551−22−6682 NPO法人甘利山倶楽部事務局小林さんまでお願いします。


■ゴールデンウィーク「キララの学校」〜身に沁みて白州

・5月3日水曜日から6日土曜日まで3泊4日で開かれます。
・場所は、北杜市白州町の白州郷牧場です。
 白州郷牧場は、子どもたちの体験の場として1983年に設立されたオーガニック農場です。
 自然の中で、トウモロコシの種まき、ナスの定植、ほうれん草、小松菜、レタスの収穫、手作りピザ、
 バーベキューなどの活動を通して、農家暮らしを体験します。
 親子での参加や日帰り参加もできます。
 申し込み締め切りは、4月25日火曜日です。
・申込み・問合せは、電話090−3209−5459 
 白州郷牧場キララの学校運営委員会事務局 平河さんまでお願いします。 
※ 白州郷牧場でとれたタマゴを使った卵かけごはんのお店「おっぽに亭こっこ」の定休日は、水曜日でしたが、
 4月11日から火曜日に変更になります。ただし、5月2日は営業します。


■第62回清里インタープリターズキャンプ(入門)

・5月3日水曜日午後1時半から5日金曜日2時半まで2泊3日で開かれます。
・場所は、北杜市高根町のキープ自然学校です。
 人と自然の橋渡し役と呼ばれるインタープリター。
 インタープリターズキャンプは、体験や実習を中心に、インタープリテーションの考え方や手法を楽しく学ぶ
 参加型学習の場です。
 講師は、キープ協会環境教育事業部課長・鳥屋尾健さんです。
 対象は16歳以上一般、定員は先着順24人、有料です。
 4月19日までに申し込むと早割りがあります。
・お申し込みは、電話0551−48−3795 キープ協会環境教育事業部までお願いします。


<< 講座 >>

■「Dr.オグの森のものがたり」と「わくわく絵本セミナー」

・4月29日土曜日に開かれます。
・場所は、北杜市小淵沢町のえほん村です。
・「Dr.オグの森ものがたり研究所」は、11時から11時45分まで、内科医の小栗智久さんのお話があります。
 参加料は500円です。
・「わくわく絵本セミナー」は、午後2時から4時まで、「絵本が生まれる」というテーマで、
 BL出版編集長の落合直也さんと、チャレンジから生まれた絵本作家の豊福まきこさんが講演します。
 チャレンジ絵本作家さん、必見のセミナーです。
 一般1,500円、チャレンジャー無料です。
 予約を受け付けています。
・申込み・問合せは、電話0551−36−3139 えほん村までお願いします。


■湧水講座〜八ヶ岳南麓の伝説の跡をたどって

・5月17日水曜日午前8時45分から午後3時半頃まで開かれます。
・集合場所は、北杜市大泉町のいずみプール 東側駐車場です。
 北杜市内には、多数の湧水があります。標高1,000m付近に点在する湧水群は、利水が不安定なこの地域において
 重要な役割を果たしています。私たちに豊かな水を供給してくれている「湧水」について学びながら散策します。
 講師は、山本茂弘さんで、参加料は500円です。
 定員は先着20人で、4月20日木曜日から申し込みを受け付けます。
・申込み・問合せは、電話0551−38−1211 金田一春彦記念図書館までお願いします。


■親子で交流・まなびのひろば「じぶんのいのちをじぶんでまもる!」

・4月16日・23日・5月7日・14日・21日の日曜日、午前10時から11時半まで開かれます。
・場所は甲府市の山梨県防災新館1階オープンスクエアです。
 講師は、健康安全郷育アドバイザーの渡辺光美さんで、子どもたちのかけがえのないいのちを守るための
 健康安全プログラムを親子で楽しく学びながら「危険察知・回避能力」などを学び、礼儀作法やマナー、
 親子のスキンシップやコミュニケーションも同時に身に付け、子どもの感性を豊かに育みます。
 対象は、未就学児または低学年児童と保護者、
 定員は20組、原則として5回すべて受講可能な方で、受講料は無料です。
・問合せ、申込みは、電話055−223−1853 山梨県生涯学習センターまでお願いします。


<< 作品募集 >>

■2017年度ヤング・ポートフォリオ作品募集

・清里フォトアートミュージアム K・MoPAでは、1982年1月1日以降に生まれた35歳以下の方を対象に、
 写真作品を募集しています。
 募集期間は、4月15日土曜日から5月15日月曜日までです。
 募集作品は、プリントした写真作品で、最大50点まで応募でき、35歳まで何度でも応募できます。
・お問い合わせは、電話0551−48−5599 清里フォトアートミュージアムまでお願いします。


<< 展覧会 >>

■「なばた としたか 絵本原画展」 〜「こびとづかん」刊行10周年記念

・7月10日まで開かれています。
・場所は、北杜市高根町の「えほんミュージアム清里」です。
 展覧会では、なばた作品の源流となった絵本「こびとづかん」「みんなのこびと」、
 そして個性的なキャラクターとダイナミックなストーリーが人気の絵本「いーとんの大冒険」の
 3作品から60点余りの原画や、作者自らこびとを立体化したフィギュアや、スケッチや習作などを展示しています。
・お問い合わせは、電話0551−48−2220 えほんミュージアム清里までお願いします。


■特設展 山本周五郎展 〜歿後50年

・4月29日土曜日から6月18日まで開かれています。
・場所は、甲府市の山梨県立文学館です。
 「赤ひげ診療譚」「樅ノ木は残った」など、人間へのあたたかい眼差しと鋭い洞察力を生かした作品で、
 今も多くの読者の支持を得ている小説家山本周五郎【本名 清水三十六】は、
 1903年(明治36)年6月、現在の山梨県大月市初狩町に生まれました。
 代表作「青べか物語」や絶筆「おごそかな渇き」の原稿、親友に宛てた手紙、
 映画化された作品「椿三十郎」や「さぶ」のポスターなど、およそ80点の資料で、
 周五郎63年の生涯と作品の魅力を紹介します。
・お問い合わせは、電話055−235−8080 山梨県立文学館までお願いします。


■加寿施京子 エネルギーアート展2017
 喜び・希望・赦しを描く油絵 エネルギーアートの世界〜八ヶ岳に龍が舞う〜

・5月3日水曜日から7月2日まで開かれます。
・場所は、北杜市小淵沢町のスペース&ギャラリー徳乃蔵です。
 加寿施さんは、水彩画、パステル画を経て、2006年スペインの画家 フランシスコ・デ・ゴヤの肉筆油彩画を観た直後
 よりインスピレーションを得、油絵を描き始めました。
 すべての作品は、インスピレーションを基にするため、下絵を描かない手法でエネルギーの命ずるままに自由に
 絵筆を使い制作しています。
・お問い合わせは、電話0551−36−5080 スペース&ギャラリー徳乃蔵までお願いします。


<< 展覧会 >>

■「みずがきの星空写真展」

・5月31日まで開かれています。
・場所は、北杜市須玉町の「みずがき湖ビジターセンター」です。
 北杜市の北東部、塩川ダム・みずがき湖周辺は、いまでも夜空が暗く、満天の星が望めるスターウォッチングエリアです。
 この星空環境を求め、全国からたくさんの天文家、天文ファンが集まり観測を行っています。
 昨年、発足した「みずがき天文愛好会」のメンバーが、みずがき湖や八ヶ岳付近で撮影した星座、銀河、星雲星団、
 惑星、月、太陽などの天体写真およそ120点を展示しています。
 入館無料です。
・お問い合わせは、電話0551−45−0081
 みずがき湖ビジターセンター及びみずがき天文愛好会代表 小澤さんまでお願いします。


■藤田泉・あかまきみこ「版画と詩の こころみ展」

・4月28日金曜日から5月15日月曜日まで開かれます。
・場所は、北杜市小淵沢町のギャルリーアビアントです。
 藤田さんの版画とあかまさんの詩のコラボレーションを楽しめます。
 金・土・日・月曜日、午前11時から午後5時まで開いています。
・お問い合わせは、電話0551−36−4678ギャルリーアビアント までお願いします。


■「岸田夏子が描く清春の桜〜競演 天然記念物のサクラ今昔」

・5月7日日曜日まで開かれています。
・場所は、北杜市長坂町の北杜市郷土資料館です。
 岸田劉生の孫・岸田夏子が、清春の桜をモチーフに描いた「平和へのメッセージ」3部作を展示しています。
 同時に北杜市内ある7件の国・県・市指定天然記念物の桜の今昔を写真パネルで紹介しています。
・お問い合わせは、電話0551−32−6498 北杜市郷土資料館までお願いします。


■企画展「季節の彩り・花展」

・5月28日まで開かれています。
・場所は、韮崎大村美術館です。
 韮崎市の観光名所の一つである「わに塚の桜」が見頃になる時期に合わせて、毎年、花をテーマにした展覧会を
 開催しています。
 10回目となる今回は「四季を感じさせる花」をテーマに作品を選定し、日本画、油絵、版画などさまざまな技法
 による作品を紹介します。展示は、春夏秋冬4つの展示区分を設け、花を描いた作品を通して、
 季節の移ろいを感じてもらうことに焦点を当てています。
・お問い合わせは、電話0551−23−7775 韮崎大村美術館までお願いします。


■バロックの巨匠たち〜ルーベンス、レンブラント、ベラスケスと栄光の時代

・6月11日まで開かれています。
・場所は、甲府市の山梨県立美術館です。
 展覧会では、ポーランドのヨハネ・パウロ2世美術館、チェコのプラハ国立美術館、
 フランスのシャルトル会修道院美術館の所蔵品より、バロック美術の名品を展示します。
 美術におけるバロックとは、おもに16世紀末から18世紀初頭にかけてイタリアを起源としてヨーロッパで
 広まった様式をさします。写実的な描写と明暗法によるドラマチックな表現を特徴とするバロック絵画は、
 ヨーロッパ中へ伝播していくなかで、各地の独自性を帯びて多様に発展していきました。
 展覧会では、イタリア、オランダ、フランドル、スペイン、フランス、ドイツの作家たちによる44作品を
 地域ごとのセクションに分けて、バロック絵画の多様性とその魅力を紹介します。
・お問い合わせは、電話055−228−3322 山梨県立美術館までお願いします。


■野田修一郎 〜ふるさとの風景を描く

・5月28日まで開かれています。
・場所は、南アルプス市立美術館です。
 1931年(昭和6年)に甲府市に生まれた野田修一郎は、東京藝術大学日本画科で学びました。
 61歳の若さで亡くなる3年前の1989年(平成元年)には、現北杜市明野町にアトリエを移し、
 峡北や南アルプスの豊かな自然に心を寄せながら、日々変化する山々の景色や野の草花を描き、
 史跡を散策してはスケッチを重ねました。
 本展覧会では、1977年(昭和52年)に、韮崎市円野町上円井から南アルプス市までの堰道を歩いて取材した
 「ふるさと散歩『徳島堰』周辺」を描いた作品群を中心に、同時期に描かれた南アルプス市周辺の風景画
 を加えて構成しています。
 野田修一郎が故郷山梨に注ぎ続けた作家の眼差しやその思いに触れられます。
・お問い合わせは、電話055−282−6600 南アルプス市立美術館までお願いします。


■チャレンジ絵本作家「絵本のための原画展」

・5月8日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町のえほん村です。
 若いエネルギーあふれる原画やすばらしい物語に出合えます。「つづきが読みたい絵本」への投票もあります。
・お問い合わせは、電話0551−36−3139 えほん村までお願いします。


■「季節の彩り・花展」

・5月28日まで開かれています。
・場所は、韮崎大村美術館です。
 韮崎市の観光名所の一つである「わに塚の桜」が見頃になる時期に合わせて、毎年、花をテーマにした展覧会を
 開催しています。
 10回目となる今回は「四季を感じさせる花」をテーマに作品を選定し、日本画、油絵、版画など
 さまざまな技法による作品を紹介します。展示は、春夏秋冬4つの展示区分を設け、花を描いた作品を通して、
 季節の移ろいを感じてもらうことに焦点を当てます。
・お問い合わせは、電話0551−23−7775 韮崎大村美術館までお願いします。


■2017年春季展覧会 平山郁夫「出雲路古代幻想」展

・7月19日まで開かれています。
・場所は、北杜市長坂町の平山郁夫シルクロード美術館です。
 平山郁夫は、シルクロードの画家として広く知られてきましたが、その傍らで日本の緑豊かな自然や、古刹(こさつ)
 が生み出す日本固有の美にも目を向け、数々の名作を描いてきました。
 「路(みち)」をテーマにしたシリーズの一つである「出雲路」においては「八雲(やくも)立つ 出雲路古代幻想」
 という代表作が誕生しました。
 今回の展示では、この作品が生まれる背景となった「出雲路」の素描(そびょう)をはじめ、
 平山郁夫が見た美しい日本の風景の作品を展観します。
・お問い合わせは、電話0551−32−0225 平山郁夫シルクロード美術館までお願いします。


■中村キース・ヘリング美術館 開館10周年記念展「キース・ヘリングと日本」

・来年1月8日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町の中村キース・ヘリング美術館です。
 1980年代のアメリカ美術を代表するアーティスト、キース・ヘリングの作品を展示する
 世界で唯一の美術館として出発した中村キース・ヘリング美術館は、2017年に開館10周年を迎え、
 作家の日本での活動にフォーカスした記念展を開催します。
 本展では、器や扇子など代表的な作品を紹介し、日本文化をポップに昇華させたヘリングの自由で多様な世界観を
 提示します。
 1998年に東京で制作された「招き猫」は世界で初公開となる大変貴重な作品です。
 また、1987年に、東京多摩市のパルテノン多摩でおよそ500人の子どもたちと共同制作された壁画を
 6月末まで期間限定で特別展示します。
・お問い合わせは、電話0551−36−8712 中村キース・ヘリング美術館までお願いします。


<< 相談 >>

■障害者とその家族の相談窓口「障害者110番」

・山梨県障害者社会参加推進センターが、山梨県障害者権利擁護事業の一つとして委託を受け行っています。
・一般相談は火曜日から土曜日の午前9時から午後4時までで、祝祭日と年末年始は除きます。
 休日時間外は留守番電話で対応しています。
・弁護士相談は毎月第3火曜日の午後1時半から4時半までで、予約が必要です。
 相談内容は、財産管理・相続・契約・消費者金融・成年後見人のことや、職場・隣人・家族関係の悩み、
 生活・人権・年金・雇用に関すること、そして福祉サービス・医療・保険のことなどです。
 相談は無料で、個人の秘密は固く守られます。
・お問い合わせは、電話055−254−6266 山梨県障害者社会参加推進センターまでお願いします。


<< 募集 >>

■明野ひまわりゼミ 講師募集

・明野ひまわりゼミは、無料の学習塾です。
・毎週2回、火曜と木曜の午後6時から8時まで、北杜市明野総合会館で開かれ、12人の小中学生が学んでいます。
 今、ひまわりゼミでは、主として小学生に基礎英語を指導いただける講師を求めています。
 週に1回、1時間でも大歓迎です。なお、報酬、交通費の支給はありません。
・お問い合わせは、電話080−6538−0849 明野ひまわりゼミ代表 駒谷さんまでお願いします。


<< ボランティア募集 >>

■「あけぼのおもちゃ図書館」での活動

・第5を除く毎週水曜日午前10時から午後4時まで活動します。
・場所は、韮崎市の県立あけぼの医療福祉センターです。
 おもちゃ図書館は、障がいのある子どもたちが、おもちゃを通して楽しく遊ぶことができるように、
 との願いから始まったボランティア活動です。
 「おもちゃ」が人と人を結びつけ、障がいのある子も、ない子も一緒に遊び、交流しあう場です。
 障がいのある子どもたちと遊んだり、おもちゃの出し入れを行ったり、おもちゃを作ったりします。
 短い時間の参加も大歓迎。夏休み限定などの学生ボランティアも募集しています。
・お問い合わせは、電話0551−22−6111 
 県立あけぼの医療福祉センター地域支援課・今村さんまでお願いします。


<< 募集 >>

■無料塾「希望」(タダゼミ) 参加希望者募集

・無料塾「希望」は、経済的に困難な家庭の中学生を対象に、学習支援をしています。
・来年の高校入試前まで、毎週1回、土曜日か日曜日に、およそ3時間の学習支援をします。
 昨年は、県内でおよそ70人の中学生が利用しました。本年度の参加希望者を募集しています。
 参加の対象は中学生です。3年生が中心ですが、2年生、1年生でも参加できます。
 費用は、かかりません。
・会場は、韮崎、北杜長坂のほか甲府、南アルプス、富士吉田の5カ所です。
 教科は、数学、英語を中心に、入試教科の国語、社会、理科も含めた5教科です。
・参加申し込みは、韮崎教室が、電話080−5086−6375
 北杜長坂教室が、電話090−1430−3743 へお問い合わせください。いつでも参加できます。



特定非営利活動法人(NPO法人)八ヶ岳コミュニティ放送 株式会社エフエム八ヶ岳
〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3409-2 TEL:0551-36-6700
メール送信 ↑このページのトップへ戻る
放送局概要 運営団体 サイトポリシー
Copyright(C) 2006 FM YATSUGATAKE.