エフエム八ヶ岳 トップページ エフエム八ヶ岳 タイムテーブル 月曜〜金曜 エフエム八ヶ岳 タイムテーブル 土曜と日曜 エフエム八ヶ岳 スタジオ エフエム八ヶ岳 運営団体 エフエム八ヶ岳 イベント情報 エフエム八ヶ岳 電波に乗せて宣伝します エフエム八ヶ岳 パーソナリティ紹介 エフエム八ヶ岳 はボランティアスタッフを募集してます
 八ヶ岳の森から心地よいサウンドと楽しい情報を発信  NPO法人コミュニティ放送 エフエム八ヶ岳
放送局概要 運営団体 サイトポリシー

Info City

八ヶ岳周辺のフレッシュなイベント情報などのお知らせ
放送日、時間 月曜日〜金曜日
8 時 00 分 〜 8 時 15 分 / 9 時 00 分 〜 9 時 15 分 / 10 時 00 分 〜 10 時 15 分 / 13 時 00 分 〜 13 時 10 分

<< シンポジウム >>

■第10回「命輝く医療とは」 〜在宅医療という選択

・7月1日土曜日午後1時15分から4時半まで開かれます。
・場所は、北杜市須玉町の増富の湯です。
 国際ヒーリング看護協会主催で、「在宅医療という選択」「看取りの体験談」
 「訪問看護の仕組み・在宅での過ごし方」について、講演とパネルディスカッションがあります。
 北杜市民の方は、シンポジウムの参加は無料です。
・申込み・問合せは、電話080−4881−0027 三宅さんまでお願いします。


<< イベント >>

■甲州弁劇 〜三世代で楽しむシンデレラ

・7月2日日曜日午後1時半から開かれます。
・場所は、北杜市白州町のはくしゅう館です。
 出演は、白州ドタバタ劇団のみなさんで、地元の小学生からお年寄りまでが、甲州弁で楽しく語ります。
 そのほか、わらべうた、甲州弁クイズ、甲州弁かるた、甲州弁ビンゴなどが用意されています。
 入場無料です。
・お問い合わせは、電話0551−35−5070 ライブラリーはくしゅうまでお願いします。


■2017北杜の里のホントの自然 淡水魚から見た北杜の自然と環境教育

・7月6日木曜日午後1時半から3時半まで開かれます。
・場所は、北杜市明野町の明野総合会館です。
 明野図書館ファンクラブと明野図書館の共催で、講師の山梨県八ヶ岳ふれあいセンター館長の増田直広さんと共に、
 北杜の自然環境を知ることによって、環境問題を考えます。実際に水槽を通して魚を見る予定です。
 対象は一般ですが、興味のある子どもさんも大歓迎です。
 申し込み不要で、参加無料です。
・お問い合わせは、電話0551−25−3285 明野図書館までお願いします。


■「第6回 名峰と名水の里 北杜 囲碁まつり」

・6月24日土曜日午前9時から午後5時まで開かれます。場所は、北杜市長坂町の北杜市囲碁美術館です。
・「北杜 囲碁まつり」は、囲碁に関心のある人々が、囲碁を通じて親睦を深めることを目的としています。
 囲碁大会では、北杜杯争奪戦、段位戦、級位戦を行い、プロ棋士による囲碁入門教室や指導対局もあります。
・6月9日金曜日まで参加者を募集しています。
 参加料は、昼食・参加賞がついて2,000円、中学生以下は1,000円です。
 申込書に必要事項を記入し、郵送またはFAXで申し込みます。
 申込書は、市役所・各総合支所、または市ホームページにあります。
・お問い合わせは、電話0551−42−1373
 名峰と名水の里北杜囲碁まつり実行委員会事務局までお願いします。


<< コンサート >>

■第32回オルガンコンサート

・7月2日日曜日午後2時から開かれます。
・場所は、北杜市高根町の清里聖アンデレ教会です。
 オルガン奏者は甲府市出身で、山梨英和学院などでオルガニストを務める横手多佳子さんです。
 バッハのコラール変奏曲「ああ、罪人なる我、何をなすべきか」などを披露します。入場無料です。
・お問い合わせは、電話0551−48−2113 清里聖アンデレ教会までお願いします。


■ダンディーズ・スイング・オーケストラ&エイト・サーティ・ビッグバンド「Joint Live」

・6月25日日曜日午後1時半から開かれます。
・場所は、北杜市小淵沢町の生涯学習センターこぶちさわホールです。
 小淵沢を拠点として活動している「ダンディーズ・スイング・オーケストラ」と長野県茅野市で活動している
 「エイト・サーティ・ビッグバンド」のジョイントコンサートです。
 このコンサートは、メンバーの交流から生まれた初の試みで、タイプの違う二つのバンドの迫力ある演奏を楽しめます。
 入場無料です。
・お問い合わせは、電話0551−32−5795
 ダンディーズ・スイング・オーケストラ 森山さんまでお願いします。


■2017 OLIVE GOSPEL CONCERT(オリーブ ゴスペル コンサート)

・7月2日日曜日午後5時から開かれます。
・場所は、北杜市小淵沢町の赤星さん宅ホールです。
 小淵沢オリーブ教会主催のゴスペルコンサートで、出演は、オリーブ・ゴスペル・クワイヤー、赤星恵さんです。
 入場無料です。
・お問い合わせは、電話080−6509−9782 坂本さんまでお願いします。


<< 体験 >>

■「ガイドウォーク〜森のお散歩」

・6月24日土曜日、25日日曜日に開かれます。
・場所は、北杜市大泉町の山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンターです。
 6月24日土曜日は午後2時から3時まで、25日日曜日は午前11時から正午まで行います。
 自然案内人が、清里の自然を案内します。恵みの雨、葉っぱのしずく、きらめく光。
 夏に向かう森の中で耳をすませば、降ってくる声。高原のセミかもしれません。
 定員は20人、参加無料、事前予約受付中です。
・申込み・問合せは、電話0551−48−2900 八ヶ岳自然ふれあいセンターまでお願いします。


■藤の作品作り体験教室

・6月24日土曜日午前10時から正午まで開かれます。
・場所は、韮崎市穂坂町の穂坂自然公園ふれあいセンターです。
 藤を編み上げて、一輪挿しやかごなどを作ります。
 汚れてもよい服装でご参加ください。
 定員は10人で、参加費は1,000円です。
 必ず事前の予約をお願いします。
・問合せ・申込みは、電話0551−37−4362 穂坂自然公園ふれあいセンターまでお願いします。


■てくてく八ヶ岳〜スポット地区を巡るフットパス 
   第2回雑木林の生き物と人、その関係をさぐる 〜スポット地区「オオムラサキの里」コース

・7月2日日曜日午前9時半から正午まで開かれまれす。
・集合場所は、北杜市長坂町の北杜市オオムラサキセンター周辺です。お申し込みの方に詳細をお知らせします。
 国蝶に指定されているオオムラサキは、雑木林を代表する蝶で、成虫は群生してクヌギなどの樹液に集まります。
 日本一の生息地といわれる長坂町周辺には、人の暮らしと共に歩んできた雑木林があり、今も多くの生き物を
 育んでいます。オオムラサキ自然公園やJR日野春駅周辺を歩きながら、生き物と人との関係を探ります。
 歩行距離は、およそ4kmです。
 対象は一般で、定員は20人、参加無料ですが、予約が必要です。
・問合せ・申込みは、電話0551−48−2900 山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンターまでお願いします。


■エコ×エネ 子どもキャンプ 2017 〜ふれて・かんじて・たべて・つくって

・心に響く自然体験から、エコロジーとエネルギーを学ぼう
・7月8日土曜日午後1時から9日日曜日午後1時半まで開かれます。
 場所は、北杜市高根町のキープ自然学校です。
 公益財団法人 やまなし環境財団の委託事業で、主な活動内容は、「仲間とテント張りに挑戦」「森や川の探検」
 「地産地消のおやつ作り」「ナイトハイク」「自然の中にあふれるエネルギーを探そう」などです。
 対象は、山梨県内の小学4年生から中学3年生で、定員は24人、参加費は無料です。
 6月11日日曜日まで応募を受け付けています。
・問合せ・申込みは、電話0551−48−8011 キープ協会までお願いします。


<< 演奏会 >>

■マンドリン・ギター アンサンブル ぽこぁぽこ in スパティオ小淵沢

・6月25日土曜日午後2時から開かれます。
・場所は、北杜市小淵沢町のスパティオ小淵沢5階レストランです。
 リーダー玉井さんをはじめ7人の演奏者のマンドリンとギターの奏でる音色を楽しめます。
・お問い合わせは、電話0551−36−6111 スパティオ小淵沢までお願いします。


<< ボランティア募集 >>

■清春芸術村内の監視と案内

・北杜市長坂町の清春芸術村は、一緒に清春芸術村を盛り上げてくれる方を募集しています。
・仕事は、清春芸術村内の清春白樺美術館・光の美術館での監視及び芸術村内の案内です。
 昼食・交通費として1,000円支給されます。
 火曜日から日曜日午前10時から午後4時までの都合のよい日時に活動します。
・お問い合わせは、電話0551−32−4865 清春芸術村までお願いします。


<< 募集 >>

■「第18回金田一春彦ことばの学校」方言川柳大募集!

・全国各地の方言を取り入れた川柳を6月30日金曜日まで募集します。
・ふるさとのお国ことばが持つ味わいを、ユーモラスな五七五で表現することにより、
 日本語の再発見と新たな創造を目指します。
 今年の題は、「うた」です。地方の方言が五七五のどこかに入っていて、未発表作品に限ります。
・参加無料で、投稿は、はがき、ファクス、メールに、作品・注釈・住所・氏名・年齢・職業または学校名・
 電話番号・FAX番号を明記してお送りください。
・あて先、問合せは、電話0551−38−1211
 北杜市大泉町谷戸3000
 「第18回金田一春彦ことばの学校」方言川柳作品募集係
 までお願いします。


<< 講演会 >>

■第10回ホスピス学校「科学と医学」「いのちを愛でる」

・6月24日土曜日午後1時半から4時まで開かれます。
・場所は、韮崎市藤井町の東京エレクトロン韮崎文化ホール 小ホールです。
 講師は、JT生命誌研究館館長で理学博士の中村桂子さんと、
 在宅ホスピス医でホスピス・在宅ケア研究会やまなし代表の内藤いづみさんです。
 ホスピス学校10回目の記念公演会で、いのちの意味を問い続ける中村さんと内藤さんの対話形式の講演会です。
 参加費は1,000円、学生は500円です。
 定員は200人で、予約が必要です。
・チケットの予約は、電話055−252−5150 ふじ内科クリニックまでお願いします。


<< 展覧会 >>

■中澤紗織「鉄をたたく展」

・7月3日月曜日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町のギャルリーアビアントです。
 中澤さんは鉄造形作家で、北杜市に在住しています。
 800度に熱した赤い鉄を叩いたりつぶしたりして、創造的な形を探求して生まれた作品をおよそ30点展示しています。
 叩くことで生まれる鉄のさまざまな表情を、壁掛け、オブジェ、器などの作品に表現しています。
・お問い合わせは、電話0551−36−4678 ギャルリーアビアントまでお願いします。


■糸かけ&フラワーアレンジコラボ 作品展

・7月31日月曜日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町のキッチンハートランドです。
 糸かけの講師・穂刈義光さんと生徒の作品を展示しています。
 糸かけとは、素数に糸をかけていくと、美しい色彩の円が完成する技法です。
 糸かけの体験教室も開催しています。
・お問い合わせは、電話0551−36−6162 キッチンハートランドまでお願いします。


■特別展「フジフイルム・フォトコレクション『私の1枚』日本の写真史を飾った101人」

・7月1日土曜日から8月20日日曜日まで開かれます。
・場所は、甲府市の山梨県立美術館です。
 幕末に写真が渡来してから150年余り、日本では多くの優れた写真家が作品を残してきました。
 本展覧会では、その中でも土門拳、木村伊兵衛ら、特に重要な101人の写真家が撮影した
 「この1枚」と呼べる代表作を展示し、日本写真史の軌跡を紹介します。
・お問い合わせは、電話055−228−3322 山梨県立美術館までお願いします。


<< 展覧会 >>

■まつむらまさこ絵本原画展

・7月3日月曜日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町のえほん村です。
 至光社の月刊誌「かきたいな かけるかな」 の原画を展示しています。
 松村さんは、「私の大好きな八ヶ岳高原を舞台にその美しい風景を画用紙にとどめたい。
 ・・・でも、自然に勝るものはありませんね。それでも描いてしまった一冊の絵本です。
 描きながらつぶやいたカケルカナ? がそのままタイトルになりました」と話しています。
 そのほか、松村さんのスケッチ展もあります。
・お問い合わせは、電話0551−36−3139 えほん村までお願いします。


■西村豊「八ヶ岳 生きもの ものがたり」

・7月1日土曜日から12月3日まで開かれます。
・場所は、北杜市高根町の清里フォトアートミュージアム K MoPAです。
 八ヶ岳をフィールドに、40年間活動してきた自然写真家・西村豊さんの個展です。
 西村さんの代表作の「ヤマネ」シリーズをはじめ、デビュー作のホンドギツネ、
 また近年、児童向けの写真絵本として発表しているニホンリスの「よつごのこりす」など、
 未発表作品を含むおよそ200点を展示します。
 西村さんの多様な活動と写真から、八ヶ岳の豊かな自然と共存する生きものたちの生命(いのち)の輝き
 を感じることができます。
・お問い合わせは、電話0551−48−5599 清里フォトアートミュージアムまでお願いします。


■HETEROGENEOUS ART OF AFRICA(ヘタロヂーニアス アート オブ アフリカ)異形の美術

・9月25日まで開かれています。
・場所は、北杜市長坂町のアフリカン アート ミュージアムです。
 アフリカの造形は、思いもよらないデフォルメ、フォルム、表現力、質感など、理屈ではなく
 観る者の心に直接訴えかけてくる力があります。それは、数百年の間に淘汰された、民族の根源的な形、表現であり、
 何よりも生きるための願いがこもった魂の造形だからです。
 今回の展覧会では、このような不思議な造形物を紹介しています。
・お問い合わせは、電話0551−45−8111 アフリカンアートミュージアムまでお願いします。


■「開館10周年記念 企画展のあゆみ〜ポスター原画でみる10年」

・7月26日水曜日まで開かれています。
・場所は、韮崎市神山町の韮崎大村美術館です。
 韮崎大村美術館は、平成19年10月27日に開館し、今年、開館10周年を迎えます。
 開館以来、さまざまなテーマによる企画展を開催し、その数は本展覧会で38回目となります。
 コレクションの柱の一つである女性作家たちの作品については、さまざまな切り口からテーマを設定し、
 近代から現代にかけての女性作家たちのあゆみやその世界の広がりを伝えてきました。
 本年10月に10周年を迎えるに先立ち、本展覧会ではこれまで開催してきた企画展のポスターに採用された作品の
 原画を精選して展示し、企画展の歩みを紹介します。
・お問い合わせは、電話0551−23−7775 韮崎大村美術館までお願いします。


■韮崎大村美術館開館10周年記念 企画展 ポスターでみる10年

・7月26日水曜日まで開かれています。
・場所は、韮崎市民交流センターNICORI地下アートギャラリー2です。
 韮崎大村美術館開館10周年という節目にあたり、これまでの企画展ポスターを一堂に展示し、
 これまでの歩みをご紹介します。
 観覧無料です。
・お問い合わせは、電話0551−22−1121 韮崎市民交流センター・ニコリまでお願いします。


■「没後10年 原壽美 移りゆく季節を描く」と「宮澤宝泉 象牙彫刻の世界展」

・7月25日火曜日まで開かれています。
・場所は、南アルプス市立美術館です。
 郷土シリーズ〈南アルプスと富士川流域の作家たち〉の第1弾として、今年で没後10年の節目に当たる
 南アルプス市出身の水墨画家・原壽美の作品をおよそ40点を展示します。
 淡く柔らかな色調で描かれたふるさと山梨の風景をはじめ、移りゆく四季折々の自然美を描いた作品の数々を楽しめます。
 また、同シリーズの第2弾は、市川三郷町出身の宮澤宝泉のこれまで歩んできた象牙彫刻の足跡をたどりながら、
 およそ60点の代表作によって、宮澤宝泉の超絶技巧の世界を味わえます。
・お問い合わせは、電話055−282−6600 南アルプス市立美術館までお願いします。
エフエム八ヶ岳では、リスナーの皆様に、南アルプス市立美術館に入館するペア券を先着5名様にプレゼントします。
 ご希望の方は、電話0551−36−6700エフエム八ヶ岳までご連絡ください。



■小澤康麿個展「平成猫づくし」

・7月2日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町のおもだか屋アートステージです。
 このゴールデンウイークから今シーズン企画展がスタート。
 前期の最初は、キャットアーティストの第一人者小澤さんの猫百態シリーズ3年目の企画で、猫をこよなく愛し、
 一心に観察をする眼差しから生まれた、まるで体温があるかのような陶器の猫たち。
 自由気ままな猫たちの世界がギャラリーいっぱいに繰り広げられています。
・5月3日、4日、5日は、小澤さんが会場にいます。
 入場無料です。
・お問い合わせは、電話0551−20−5330 おもだか屋アートステージまでお願いします。


■八ヶ岳美術館企画展 Parallel Nature 〜自然から学ぶ4カ月

・7月30日まで開催しています。
・場所は、長野県原村の八ヶ岳美術館です。
 版画、油絵、土器作りなどの若手作家、畦地梅太郎、熊谷幸治、末永恵理、山内悠の作品を中心にした展覧会。
 現実世界と同時に存在しているもうひとつの「自然」の姿と、それをとらえる作家の眼差しの中に、
 改めて自然と向き合う手がかりをさぐろうと試みています。
 私たちを取り巻く現実の自然からは見えなかったものが、パラレルに映し出された自然からは見えてくるかもしれません。
・お問い合わせは、電話0266−74−2701 八ヶ岳美術館までお願いします。


■「なばた としたか 絵本原画展」 〜「こびとづかん」刊行10周年記念

・7月10日まで開かれています。
・場所は、北杜市高根町の「えほんミュージアム清里」です。
 展覧会では、なばた作品の源流となった絵本「こびとづかん」「みんなのこびと」、
 そして個性的なキャラクターとダイナミックなストーリーが人気の絵本「いーとんの大冒険」の
 3作品から60点余りの原画や、作者自らこびとを立体化したフィギュアや、スケッチや習作などを展示しています。
・お問い合わせは、電話0551−48−2220 えほんミュージアム清里までお願いします。


■加寿施京子 エネルギーアート展2017
 喜び・希望・赦しを描く油絵 エネルギーアートの世界〜八ヶ岳に龍が舞う〜

・7月2日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町のスペース&ギャラリー徳乃蔵です。
 加寿施さんは、水彩画、パステル画を経て、2006年スペインの画家 フランシスコ・デ・ゴヤの肉筆油彩画を観た直後
 よりインスピレーションを得、油絵を描き始めました。
 すべての作品は、インスピレーションを基にするため、下絵を描かない手法でエネルギーの命ずるままに自由に
 絵筆を使い制作しています。
・お問い合わせは、電話0551−36−5080 スペース&ギャラリー徳乃蔵までお願いします。


■2017年春季展覧会 平山郁夫「出雲路古代幻想」展

・7月19日まで開かれています。
・場所は、北杜市長坂町の平山郁夫シルクロード美術館です。
 平山郁夫は、シルクロードの画家として広く知られてきましたが、その傍らで日本の緑豊かな自然や、古刹(こさつ)
 が生み出す日本固有の美にも目を向け、数々の名作を描いてきました。
 「路(みち)」をテーマにしたシリーズの一つである「出雲路」においては「八雲(やくも)立つ 出雲路古代幻想」
 という代表作が誕生しました。
 今回の展示では、この作品が生まれる背景となった「出雲路」の素描(そびょう)をはじめ、
 平山郁夫が見た美しい日本の風景の作品を展観します。
・お問い合わせは、電話0551−32−0225 平山郁夫シルクロード美術館までお願いします。


■中村キース・ヘリング美術館 開館10周年記念展「キース・ヘリングと日本」

・来年1月8日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町の中村キース・ヘリング美術館です。
 1980年代のアメリカ美術を代表するアーティスト、キース・ヘリングの作品を展示する
 世界で唯一の美術館として出発した中村キース・ヘリング美術館は、2017年に開館10周年を迎え、
 作家の日本での活動にフォーカスした記念展を開催します。
 本展では、器や扇子など代表的な作品を紹介し、日本文化をポップに昇華させたヘリングの自由で多様な世界観を
 提示します。
 1998年に東京で制作された「招き猫」は世界で初公開となる大変貴重な作品です。
 また、1987年に、東京多摩市のパルテノン多摩でおよそ500人の子どもたちと共同制作された壁画を
 6月末まで期間限定で特別展示します。
・お問い合わせは、電話0551−36−8712 中村キース・ヘリング美術館までお願いします。


<< 相談 >>

■障害者とその家族の相談窓口「障害者110番」

・山梨県障害者社会参加推進センターが、山梨県障害者権利擁護事業の一つとして委託を受け行っています。
・一般相談は火曜日から土曜日の午前9時から午後4時までで、祝祭日と年末年始は除きます。
 休日時間外は留守番電話で対応しています。
・弁護士相談は毎月第3火曜日の午後1時半から4時半までで、予約が必要です。
 相談内容は、財産管理・相続・契約・消費者金融・成年後見人のことや、職場・隣人・家族関係の悩み、
 生活・人権・年金・雇用に関すること、そして福祉サービス・医療・保険のことなどです。
 相談は無料で、個人の秘密は固く守られます。
・お問い合わせは、電話055−254−6266 山梨県障害者社会参加推進センターまでお願いします。


<< ボランティア募集 >>

■「あけぼのおもちゃ図書館」で一緒に活動しませんか?

・韮崎市旭町の山梨県立あけぼの医療福祉センターは、「あけぼのおもちゃ図書館」で活動する
・ボランティアを随時募集しています。
 おもちゃ図書館は、障がいのある子どもたちがおもちゃを通して楽しく遊ぶことができるように・・との
 願いから始まったボランティア活動の場です。
 「おもちゃ」が人と人を結びつけ、障がいのある子も、ない子も共に遊び、交流し育ち合っています。
 ボランティアは、障がいのある子どもたちと遊び、おもちゃの出し入れや整理、修理、手作りおもちゃの製作
 などの活動をします。
 活動時間は、第5を除く毎水曜日午前10時から午後4時までですが、短い時間でも大歓迎です。
 また、夏休み限定など、学生さんのボランティアも大歓迎です。
・問合せ・申込みは、電話0551−22−6111 あけぼの医療福祉センター 地域支援課までお願いします。


<< 募集 >>

■明野ひまわりゼミ 講師募集

・明野ひまわりゼミは、無料の学習塾です。
・毎週2回、火曜と木曜の午後6時から8時まで、北杜市明野総合会館で開かれ、12人の小中学生が学んでいます。
 今、ひまわりゼミでは、主として小学生に基礎英語を指導いただける講師を求めています。
 週に1回、1時間でも大歓迎です。なお、報酬、交通費の支給はありません。
・お問い合わせは、電話080−6538−0849 明野ひまわりゼミ代表 駒谷さんまでお願いします。


■無料塾「希望」(タダゼミ) 参加希望者募集

・無料塾「希望」は、経済的に困難な家庭の中学生を対象に、学習支援をしています。
・来年の高校入試前まで、毎週1回、土曜日か日曜日に、およそ3時間の学習支援をします。
 昨年は、県内でおよそ70人の中学生が利用しました。本年度の参加希望者を募集しています。
 参加の対象は中学生です。3年生が中心ですが、2年生、1年生でも参加できます。
 費用は、かかりません。
・会場は、韮崎、北杜長坂のほか甲府、南アルプス、富士吉田の5カ所です。
 教科は、数学、英語を中心に、入試教科の国語、社会、理科も含めた5教科です。
・参加申し込みは、韮崎教室が、電話080−5086−6375
 北杜長坂教室が、電話090−1430−3743 へお問い合わせください。いつでも参加できます。



特定非営利活動法人(NPO法人)八ヶ岳コミュニティ放送 株式会社エフエム八ヶ岳
〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3409-2 TEL:0551-36-6700
メール送信 ↑このページのトップへ戻る
放送局概要 運営団体 サイトポリシー
Copyright(C) 2006 FM YATSUGATAKE.