エフエム八ヶ岳 トップページ エフエム八ヶ岳 番組表示 エフエム八ヶ岳 スタジオ エフエム八ヶ岳 運営団体 エフエム八ヶ岳 イベント情報 エフエム八ヶ岳 電波に乗せて宣伝します エフエム八ヶ岳 はボランティアスタッフを募集してます
 八ヶ岳の森から心地よいサウンドと楽しい情報を発信  NPO法人コミュニティ放送 エフエム八ヶ岳
放送局概要 運営団体 サイトポリシー

Info City

八ヶ岳周辺のフレッシュなイベント情報などのお知らせ
放送日、時間 月曜日〜金曜日
8 時 00 分 〜 8 時 15 分 / 9 時 00 分 〜 9 時 15 分 / 10 時 00 分 〜 10 時 15 分 / 13 時 00 分 〜 13 時 10 分

<< イベント >>

■夏休み企画「ペーパークラフトで昆虫アートしよう!」

・7月28日土曜日午後1時半から2時半まで開かれます。
・場所は、北杜市大泉町の金田一春彦記念図書館・SVホールです。
 講師は、山梨文化学園レギュラー講師の岡村芳江さんです。
 対象は児童から一般で、定員は20人、参加無料です。
 「ヘルマン・ヘッセ昆虫展示」も同時開催中です。
・お申し込み・お問い合わせは、電話0551−38−1211 金田一春彦記念図書館までお願いします。


■第3回八ケ岳フォトフェスタ 夏休みフォトワークショップ in えほん村

・7月29日日曜日午前10時から午後3時まで開かれます。
・場所は、北杜市小淵沢町のえほん村です。
 夏休み中の子どもたちと親子で楽しめるワークショップです。
 えほん村の庭と館内を利用して、プロ写真家の指導で写真を撮影します。
 撮影後は、お気に入りの1枚を選んで、手作りの額に入れて完成です。
 対象は、小学生または小学生を含む親子で、定員は20人です。
 持ち物は、デジタルカメラ、昼食、飲み物。スマホでも参加できます。
 参加費は、えほん村入村料、材料費、保険料を含めて1,000円です。
・問合せ・申込は、八ケ岳フォトフェスタの公式サイトから、または、
 電話090−1036−8773 林さんまでお願いします。


■第11回健康よろずカフェ

・7月29日日曜日午前11時から午後3時半まで開かれます。
・場所は、北杜市武川町の古民家「CASA小野」です。
 一般社団法人やまなし空と風の主催。
 プログラムは、人生観・死生観を考えるきっかけとなる「生老病死の講話会」、
 病気を知って日常生活で予防に活かせる「ちょっと健康塾」、
 講師・ゲスト、参加者、スタッフが共に語り合う「健康カフェ」、
 運動や落語などを楽しむ「お楽しみ会」などが予定されています。
 対象は一般で、定員は30人程度。
 参加費は、ランチ代を含めて1,500円、一つのプログラムのみ参加の場合は500円です。
・申込・問合せは、電話090−3499−2869 一般社団法人やまなし空と風 橋本さんまでお願いします。


■平成30年度 森と湖に親しむつどい

・7月29日日曜日午前10時から午後3時まで開かれます。
・場所は、北杜市須玉町の塩川ダムです。
 毎年7月21日から31日は、「森と湖に親しむ週間」として、全国のダムを中心に各種事業が行われ、
 森林や湖に親しむことで、心身をリフレッシュするとともに、森林やダムなどの重要性を学びます。
 ダム地下探検・モーターボート巡視体験・木工教室を予定しています。
 参加無料、事前の予約は不要です。
・お問い合わせは、電話0551−45−0789 大門・塩川ダム管理事務所までお願いします。


■八ケ岳アフリカンフェスタ2018 〜観て・聴いて・踊って・味わうアフリカの一日

・7月29日日曜日午前11時と午後2時からの2回開かれます。
・場所は、北杜市長坂町のアフリカンアートミュージアムです。
 ギニア共和国出身のジャンベ奏者・ソロ ケイタさんを招き、西アフリカの美術、ギニアの音楽と踊りや料理を
 合わせて楽しみます。ギニア料理、マリ共和国のコーヒーや自家製酵母パンなども出店します。
 入場料は、美術館入館料を含めて1,200円です。
 車を利用する方は、予約をお願いします。
・お問い合わせは、電話0551−45−8113 アフリカンアートミュージアムまでお願いします。


■20周年 いずみの杜まつり

・7月21日土曜日午前10時から開かれます。
・場所は、北杜市大泉町の金田一春彦記念図書館です。
 今年で開館20周年。子どもから大人まで楽しめる、年に一度の図書館まつり! 
 出店、おはなし会、地図de探検、雑誌のリサイクルなどのイベントを用意しています。
・お問い合わせは、電話0551−38−1211 金田一春彦記念図書館までお願いします。


■新ジャガ祭り 〜茹でたての新ジャガ食べ比べ!

・7月22日日曜日午前9時半から正午まで開かれます。
・場所は、北杜市大泉町のパノラマ市場です。
 男爵、キタアカリ、アンデス、インカのめざめ、ノーザンルビーなど、ジャガイモには品種がいっぱいあります。
 個性あるいろいろな種類のジャガイモを食べ比べられます。
 コロッケ、カラフルなポテトチップスなどジャガイモのお菓子・惣菜もいっぱい。
・お問い合わせは、電話0551−38−1705 農産物直売所 パノラマ市場までお願いします。


■木工作教室

・7月23日月曜日から8月3日金曜日まで、午前10時から午後2時まで開かれます。
・場所は、北杜市明野町の明野子ども美術館です。
 幼児から大人まで、道具の使い方を学びながら、山梨県産のいろいろな種類の木を使って、
 時計・本箱・CDラック・小物入れなど、すきな物を講師と相談しながら全部自分で作ります。
 定員は各日10人、参加費は、子ども1,000円、大人2,000円です。
・申込・問合せは、電話0551−25−5340 明野子ども美術館までお願いします。


■わくわくどきどきおはなし広場

・7月27日金曜日午前10時から開かれます。
・場所は、北杜市明野町の明野総合会館です。
 主催はわくわくどきどきおはなし広場実行委員会で、劇団バクによる大型着ぐるみ人形劇「ピノキオ」が上演されます。
 歌や踊りもあります。
 対象は、幼児からで、入場無料です。
・お問い合わせは、電話0551−25−3285 明野図書館までお願いします。


■料理をつくろう 〜シェフに学ぶおしゃれで楽しいイタリア料理

・7月22日日曜日午前9時半から11時半まで開かれます。
・場所は、北杜市明野町の明野総合会館です。 
 講師は、京王プラザホテルシェフの友國稔行さんです。
 宮沢賢治作の童話「みじかい木ぺん」にちなんだシェフ考案の料理を作り、試食をします。
 定員は15人、予約が必要です。
 参加費は、子ども500円、大人1,000円です。
 このイベントは、9月16日に開催される「第20回 明野子ども美術館の賢治祭」に向けて、
 宮沢賢治作「みじかい木ぺん」をもとに、お話を五感で味わおうとする催しの一環です。
・申込・問合せは、電話0551−25−5340 明野子ども美術館までお願いします。


■第40回 八ケ岳ホースショー in こぶちさわ

・7月28日土曜日午後3時から9時まで開かれます。
・場所は、北杜市小淵沢町の山梨県馬術競技場です。
 アクロバティックホースライディング、竹馬競走、蹄鉄投げ、引き馬、平井千尋ライブ、淵の音太鼓 演奏、
 ホースショー、ファイヤーパフォーマンス、打ち上げ花火など、多彩なイベントが予定されています。
 会場周辺の駐車場は、有料です。
 満車の場合は、無料の市営駐車場、フィオーレ小淵沢駐車場からシャトルバスをご利用ください。
・問合せは、電話0551−42−1119 八ケ岳ホースショーinこぶちさわ実行委員会までお願いします。


■ミニSL運行

・10月までの日曜日と祝日、午前10時から正午までと午後1時から4時まで行われています。
・場所は、韮崎市藤井町の韮崎中央公園です。
 緑の木々の中を走り抜けるミニSLに乗車し、汽笛の音を聞きながら楽しい時間を過ごしてみませんか。
 料金は、1回100円。3歳未満は、保護者と同乗で無料。
 なお、雨天運休です。
・お問い合わせは、電話0551−22−1111内線250
 韮崎市役所 建設課 都市計画担当までお願いします。


<< 講座 >>

■平成30年度 ポール・ラッシュ記念館連続講座「ポール・ラッシュの手記を読む」第2回

・7月28日土曜日午後1時半から3時まで開かれます。
・場所は、北杜市高根町清里のポール・ラッシュ記念館 視聴覚コーナーです。
 ポール・ラッシュ記念館学芸員らによる解説や朗読で、ポール・ラッシュの想いを綴った手記を連続して読み解きます。
 ラッシュ自身の半生、彼が信仰してきたキリスト教に関して、自らに課したミッションについて、
 次世代に遺したかったものなど、大正・昭和に生きた一人のアメリカ人の飾らない言葉から、
 当時の時代背景が生き生きと浮かび上がります。
 平成30年の講座は11月23日まで6回開かれます。
 各回、資料代として500円かかります。
・申込・問合せは、電話0551−48−5330 ポール・ラッシュ記念館までお願いします。


■マジョの絵本講座

・7月14日土曜日午後2時からと29日日曜日午後1時から開かれます。
・場所は、北杜市小淵沢町のえほん村です。
 えほん村誕生35周年を記念した特別企画で、9月まで毎月行われます。
 講師は、えほん村館長で絵本作家の松村雅子さん。
 7月は、絵本ができるまでのお話です。
 保育関係の方、絵本作家を目指す方、絵本が好きな方などが参加しています。
 受講を希望される方は、予約が必要です。
 少人数制、参加費は500円です。
・申込・問合せは、電話0551−36−3139 えほん村までお願いします。


<< コンサート >>

■平井千尋 山梨アコースティックライブ

・8月4日土曜日午後6時から開かれます。
・場所は、北杜市大泉町のサニーサイドカフェ八ケ岳です。
 「北杜市ふるさと親善大使」の平井千尋さんと、カフェで夏の八ケ岳を感じながら、音楽とトークを楽しむ
 小人数制のライブです。
 有料で、全席自由席となりますが、小学生未満は無料です。
・予約・問合せは、電話0551−32−3566 平井さんまでお願いします。


■第10回清里の森 涼風祭

・8月4日から19日までの週末、午後2時から開かれます。
・場所は、北杜市高根町の清里の森音楽堂です。
  4日は「女声合唱団フォンティーヌによる夏のコンサート」、
  5日は「N響メンバーによる室内楽」、
 11日は「松川響岳太鼓子供会&津軽三味線・山中信人のソロ演奏」、
 12日は「テノール大澤歩土 ソロコンサート」、
 18日は「音楽堂が笑いに包まれる 春風亭柳橋」
 19日は「ピアノとマリンバユニット“ViViD”による共演」をそれぞれ開催します。
 前売り券を販売しています。
・お問い合わせは、電話0551−48−3151 清里の森管理公社までお願いします。


■TOMOMI SASAKI QUARTET

・7月22日日曜日午後4時から開かれます。
・場所は、北杜市白州町の中屋珈琲店です。
 主催は、峡北の自然と文化を楽しむ会。
 出演は、ヴォーカル・佐々木朝美さん、ピアノ・石田衛さん、ベース・吉田豊さん、ドラム・橋本学さんです。
・有料です。
・予約・問合せは、電話080−5410−8182 峡北の自然と文化を楽しむ会・山崎さんまでお願いします。


<< 学習会 >>

■星見里の会 星空観察会 〜みんなで見上げよう! 7月の星空

・7月19日木曜日午後7時半から開かれます。
・場所は、北杜市高根町、農村環境改善センターです。
 火星大接近を間近に控え、大きく明るく輝く赤い星「火星」の姿をみんなで望遠鏡をのぞいたり、
 7月の星空を観察したりしながら楽しみましょう。
 親子の参加大歓迎です。
 観察は1時間程度で、参加無料です。
 なお、雨天時は、室内で火星大接近のことや7月の星空の話を聞きます。
・問合せ・申込は、電話080−5227−6776 星見里の会代表 宮下さんまでお願いします。


<< 体験 >>

■手びねり陶芸体験教室

・7月28日土曜日午前10時から正午まで開かれます。
・場所は、韮崎市穂坂町の穂坂自然公園ふれあいセンターです。
 ろくろを使わずに、手で粘土を延ばして陶芸作品を作ります。お皿、小鉢、湯のみ、マグカップなどを
 作り上げる成形までを行い、色付けと焼きは、講師の先生にお任せして完成となります。
 汚れてもよい服装でご参加ください。
 定員は20人で、参加費は材料費を含めて1,500円です。
 必ず事前の予約をお願いします。
・申込・問合せは、電話0551−37−4362 穂坂自然公園ふれあいセンターまでお願いします。


■桃ジャム作り体験教室

・7月21日土曜日午前10時から正午まで開かれます。
・場所は、韮崎市穂坂町の穂坂自然公園ふれあいセンターです。
 山梨県特産のおいしい桃を材料にジャムを手作りします。できたジャムは、持ち帰りできます。
 ジャム作りに適した服装でご参加ください。
 定員は20人で、参加費は材料費を含めて500円です。
 必ず事前の予約をお願いします。
・申込・問合せは、電話0551−37−4362 穂坂自然公園ふれあいセンターまでお願いします。


■ガイドウォーク〜森のお散歩

・6月・7月の毎週土曜日・日曜日と祝日に開かれ、
・時間は、土曜日が午後2時から3時まで、日曜日が午前11時から正午までです。
・場所は、北杜市大泉町の山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンターです。
 恵みの雨、葉っぱのしずく、きらめく光。夏に向かう森の中で耳をすませば、降ってくる声。
 高原のセミかもしれません。レンジャーが案内します。
 定員20人、参加無料、予約受付中です。
 なお、開館日は毎日いつでも、屋外では自然歩道の散策、森のクイズラリー、
 展示ホールでは折り紙を使った紋切り遊び、大人のぬり絵など体験型の遊びがあります。
・申込・問合せは、電話0551−48−2900 山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンターまでお願いします。


<< 朗読会 >>

■第105回 大人のための朗読会「やまびこ」

・7月20日金曜日午後1時半から開かれます。
・場所は、北杜市高根町のたかね図書館です。
 出演は、朗読・表現 北杜 さざなみの会の皆さんです。
 堀田幸江さんが、神吉拓郎作「ひとの眺め」、
 北澤定子さんが、志賀直哉作「菜の花と小娘」、
 柴山裕子さんが、芥川龍之介作「桃太郎」をそれぞれ朗読します。
 入場無料、予約不要で、どなたでもご参加いただけます。
・お問い合わせは、電話0551−47−4784 たかね図書館までお願いします。


<< 食事会 >>

■生長の家「長坂子ども食堂」

・7月22日日曜日正午から午後1時半まで開かれます。
・場所は、北杜市長坂町の「生長の家長坂集会所」です。
 この子ども食堂は、生長の家が共働きの家庭や、日曜日にも仕事をしていて昼食の用意ができない家庭の子ども達
 をはじめ、高校生以下の方であればどなたでも無料でランチを食べてもらいたいと、計画したものです。
 メニューは、パンとコーンライスの夏野菜カレー、甘夏ドレッシングの豆サラダ、
 金魚すくい風・天の川流れるフルーツポンチです。
 食材・調味料は、無農薬、有機栽培のものをできるだけ使用し、地元で採れた季節の野菜が中心です。
 折り紙や絵本なども用意しています。
 また、午前10時から、「どんぐりの苗木を植えて、未来の森を作ろう!」という活動を行います。
 お友達を誘って気軽にお越しください。
・問合せ・予約は、電話0551−45−7777 生長の家までお願いします。


<< 読書会 >>

■テーマ本「デトロイト美術館の奇跡」

・7月24日火曜日午前10時から開かれます。
・場所は、北杜市大泉町の金田一春彦記念図書館・ことばの資料館です。
 今回のテーマ本は、原田マハ著、「デトロイト美術館の奇跡」です。
 市の財政難から存続の危機にさらされているアメリカのデトロイト美術館。新聞の一面に美術館の所蔵品を売却する
 という記事が出ます。そこで、美術館を守ろうと市民たちが立ち上がりました。
 アメリカで起こった実話を元に描かれた感動の物語です。
 本を囲んで気軽におしゃべりしませんか。
 テーマ本を読んで集い語り合います。
 本を読んでない方もお気軽にご参加ください。
・お問い合わせは、電話0551−38−1211 金田一春彦記念図書館までお願いします。


<< 募集 >>

■武田の里ウォーク 穂坂ぶどう郷コース参加者募集

・9月9日日曜日に開催されるウォーキングイベントの参加者を、7月2日月曜日から募集します。
・ウォークは、太陽の里・穂坂町を巡る15km・20km・30kmの3つのコースがあります。
 武田の里ウォーク実行委員会事務局窓口、郵便振替、インターネットで申し込みを受け付けます。
 詳細は、韮崎市役所や韮崎市営体育館に備え付けの「参加申込書」や「スポーツエントリーホームページ」を
 ご覧ください。
・お問い合わせは、電話0551−22−8062 武田の里ウォーク実行委員会事務局までお願いします。


<< 展覧会 >>

■個展 Yuki Ryugo

・7月29日日曜日まで開かれています。
・場所は、北杜市長坂町のシュマン・デュ・ボヌールです。
 旅シリーズの水彩画、陶器、手書き染めの作品を展示しています。
・お問い合わせは、電話080−6817−2277 流郷さんまでお願いします。


■キャットアート 岡山富男 個展「陶猫展」

・8月1日水曜日から8月9日木曜日まで開かれます。
・場所は、北杜市小淵沢町のおもだか屋アートステージです。
 ちょっとこわいけど、なぜかカワイイ、そんな陶器の猫たちをたくさん展示します。
 猫ファンなら絶対に見逃せない、猫ファンでなくても楽しいギャラリーです。
 8月4日土曜日と5日月日曜日は、岡山さんが会場にいます。
 入場無料です。
・お問い合わせは、電話0551−20−5330 おもだか屋アートステージまでお願いします。


■作る時間を楽しむ ポジャギ展 田口睦 作品展

・7月30日月曜日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町のギャルリーアビアントです。
 「ポジャギ」とは、韓国語で「包む布」という意味です。
 透け感のある「からむし」の布を使った、夏を涼しげに演出するポジャギを中心に、ポジャギを20点、
 巾着などの小物を20点ほどを展示しています。
 ポジャギ作家の田口さんは、「韓国の布で作るポジャギの美しさと、手縫いの楽しさを伝えたい」と話しています。
・お問い合わせは、電話0551−36−4678 ギャルリーアビアントまでお願いします。


■高橋圭子 絵画展

・7月20日金曜日から30日月曜日まで開かれます。
・場所は、北杜市長坂町のおいでやギャラリーです。
 高橋さんは16年前に東京から北杜市に移住、絵画の制作を続けています。
 おいでやギャラリーでの個展は今回で4回目。身の回りの野草や枯れた花を題材に、油絵をおよそ20点展示します。
 高橋さんは「多くの方に見ていただいて、その方なりに感じていただけたらうれしい」と話しています。
 高橋さんは、27日金曜日以外は会場にいます。
・お問い合わせは、電話0551−32−1161 おいでやギャラリーまでお願いします。


■織る・編む 夏の布と籠 in ステージ 真木香・真木雅子

・7月25日水曜日から8月1日水曜日まで開かれます。
・場所は、北杜市大泉町の八ケ岳倶楽部です。
 染織作家の真木香さんが、一本一本ていねいに織り上げたショールや帯、小物と、
 籠を編むバケスタリー作家の真木雅子さんが、籐や胡桃の樹皮で編み上げた手提げ籠が展示されます。
・お問い合わせは、電話0551−38−3395 八ケ岳倶楽部までお願いします。


■高橋綾のあそぶデザイン展2−宇宙編−

・9月2日日曜日まで開かれています。
・場所は、長野県原村の八ヶ岳美術館です。
 高橋綾は神奈川県出身で、造形デザイナー、またアーティストとして、これまでに数多くの動くおもちゃや
 パズル・トイなどを制作してきました。
 展覧会では空気が澄んで美しい星が見られる原村にちなんで、「宇宙」をテーマにした作品を中心に展示しています。
 「美術」と「遊び」の領域を横断しながらコミュニケーションをデザインする体験型展覧会です。
・お問い合わせは、電話0266−74−2701 八ヶ岳美術館までお願いします。


■キャットアート 東早苗 個展「猫は福を呼ぶ」

・7月30日月曜日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町のおもだか屋アートステージです。
 九谷焼伝統工芸士の東さんが、九谷焼で制作した猫の置物や食器を展示します。
 猫ファンなら絶対に見逃せない、猫ファンでなくても楽しいギャラリーです。
 東さんは、「美しい五彩と楽しい絵柄を見てください」と話しています。
 7月14日土曜日から16日月曜日は、東さんが会場にいます。
 入場無料です。
・お問い合わせは、電話0551−20−5330 おもだか屋アートステージまでお願いします。


■松本零士 銀河の世界展

・7月21日土曜日から9月17日月曜日まで開かれます。
・場所は、長野県富士見町の「富士見町 高原のミュージアム」です。
 「銀河鉄道999」や「宇宙戦艦ヤマト」など一大アニメブームを巻き起こした漫画家のレジェンド・松本零士の
 生誕80周年を記念したイベントです。
 展覧会では、松本零士の直筆原画や版画などで、原作の世界観を楽しむことができます。
・お問い合わせは、電話0266−62−7930 富士見町 高原のミュージアムまでお願いします。


■山梨県立美術館開館40周年記念 魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド

・8月26日日曜日まで開かれています。
・場所は、甲府市貢川の山梨県立美術館です。
 まるで魔法にかけられたように、光ったり、動いたり、映像や音が変化したりする不思議な作品たちが集う
 大人も子どもも直感的に楽しめるメディア・アートの展覧会。
 体を動かすことで音や光をダイナミックに操ることができる作品や、絵本の世界に迷い込んだような幻想的な作品など
 見て、触って、楽しみながら体験できます。
・お問い合わせは、電話055−228−3322 山梨県立美術館までお願いします。


■台湾写真交流展 島の記憶−1970〜90年代の台湾写真

・12月2日日曜日まで開かれています。
・場所は、北杜市高根町の清里フォトアートミュージアム・K★MoPAです。
 K★MoPAと国立台湾美術館との交流展で、台湾の写真を日本の美術館でまとまった形で紹介する初めての機会
 となります。
 アジアの中でも、写真文化の発展が著しい台湾を代表する11人の現代写真家の作品152点を展示します。
 台湾の1970年代から90年代は、戦後38年にわたる厳戒令の時代を経て、民主化へ向かう“湧き上がる時代”と
 呼ばれています。
 11人の写真家は、この時代の人々をどのように凝視したのか、さまざまな民族と社会現象を深く見つめ、
 郷土愛に貫かれたその眼差しは、台湾の文化的アイデンティティの貴重な記録であると同時に、
 表層下に潜む熱気と新しい“台湾意識”を伝えています。
・お問い合わせは、電話0551−48−5599 清里フォトアートミュージアムまでお願いします。


■韮崎大村美術館企画展「いきものたちの世界」

・9月2日日曜日まで開かれています。
・場所は、韮崎市神山町の韮崎大村美術館です。
 「いきもの」は、時代や国を問わず、多くの画家たちに描かれてきました。
 その表現された世界は、実に多彩で、本物そっくりであったり、抽象化した色と形による表現であったりと
 「いきもの」という対象を通して、画家たちはさまざまな表現でメッセージを伝えています。
 展覧会では、収蔵品の中から精選し、描かれたいきものたちの世界を紹介します。
 いきものたちを見つめる画家たちの眼差しをお楽しみください。
・お問い合わせは、電話0551−23−7775 韮崎大村美術館までお願いします。


■ROYAL ART OF BENIN 〜ベニン王国の美術〜

・10月1日月曜日まで開かれています。
・場所は、北杜市長坂町のアフリカンアートミュージアムです。
 ベニンはアフリカ・ナイジェリアの王国。ナイジェリアでは、紀元前5世紀から紀元後3世紀にかけてノック文化
 が栄え、10世紀から15世紀にはアフリカでは唯一の写実彫刻で知られるイフェ文化が存在しました。
 同じく10世紀頃にベニンの第一王朝が成立し、19世紀にかけてナイジェリア南部で栄えました。
 ベニン王国の美術様式は、イフェを先祖に持つというヨルバの人々に受け継がれ、現在に至っています。
 今回の展覧会では、ベニン王国の美術を中心に、ノック文化、イフェ文化と、その後のヨルバの美術を
 およそ90点展示し、19世紀に欧米人を驚かせたアフリカ美術を紹介します。
 休館日は、祭日を除く火曜と水曜です。
・お問い合わせは、電話0551−45−8111 アフリカンアートミュージアムまでお願いします。


■DRAWING SOCIAL IMPACT
 キース・ヘリング生誕60年 キース・ヘリング:社会に生き続けるアート

・11月11日日曜日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町の中村キース・ヘリング美術館です。
 キース・ヘリングは、1980年代のアメリカ美術を代表する
 アーティストです。80年代初頭にニューヨークの地下鉄構内の広告板を使ったサブウェイ・ドローイングという
 グラフィティ・アートで一躍脚光を浴び、その後次々と展覧会が開催され、国際的にも高く評価されました。
 1988年にエイズと診断され、その翌年には恵まれない子どもたちへの基金やエイズ予防啓発運動を
 継承していくための財団を設立し、1990年、31歳で亡くなるまで、アートを通して社会活動に積極的に関わりました。
 本展覧会では、新しく収蔵作品に加わる1990年の作品「オルターピース:キリストの生涯」を初公開するとともに
 地下鉄のグラフィティやポスター・アートなどの変遷をたどり
 ヘリングがどのように社会を捉え、未来を見据えていたのか探ります。
・お問い合わせは、電話0551−36−8712 中村キース・ヘルング美術館までお願いします。


■「平山郁夫 奥の細道−東北を描く−」展

・9月11日まで開かれています。
・場所は、北杜市長坂町の平山郁夫シルクロード美術館です。
 平山郁夫は、シルクロードを描いた作品で知られていますが、その一方で、松尾芭蕉を偲んだ《奥の細道》という
 素描シリーズで東北の風景を描き残しています。
 本展では、東北の素描シリーズと共に、大作《流水間断無〜奥入瀬渓流》を展示し、平山郁夫が描く日本の風景を
 展覧します。
・お問い合わせは、電話0551−32−0225 平山郁夫シルクロード美術館までお願いします。


<< 相談 >>

■障害者とその家族の相談窓口「障害者110番」

・山梨県障害者社会参加推進センターが、山梨県障害者権利擁護事業の一つとして委託を受け行っています。
・一般相談は火曜日から土曜日の午前9時から午後4時までで、祝祭日と年末年始は除きます。
 休日時間外は留守番電話で対応しています。
・弁護士相談は毎月第3火曜日の午後1時半から4時半までで、予約が必要です。
 相談内容は、財産管理・相続・契約・消費者金融・成年後見人のことや、職場・隣人・家族関係の悩み、
 生活・人権・年金・雇用に関すること、そして福祉サービス・医療・保険のことなどです。
 相談は無料で、個人の秘密は固く守られます。
・お問い合わせは、電話055−254−6266 山梨県障害者社会参加推進センターまでお願いします。


<< ボランティア募集 >>

■清春芸術村内の監視と案内

・北杜市長坂町の清春芸術村は、一緒に清春芸術村を盛り上げてくれる方を募集しています。
・仕事は、清春芸術村内の清春白樺美術館・光の美術館での監視及び芸術村内の案内です。
 昼食・交通費として1,000円支給されます。
 火曜日から日曜日午前10時から午後4時までの都合のよい日時に活動します。
・お問い合わせは、電話0551−32−4865 清春芸術村までお願いします。


■「あけぼのおもちゃ図書館」で一緒に活動しませんか?

・韮崎市旭町の山梨県立あけぼの医療福祉センターは、「あけぼのおもちゃ図書館」で活動する
・ボランティアを随時募集しています。
 おもちゃ図書館は、障がいのある子どもたちがおもちゃを通して楽しく遊ぶことができるように・・との
 願いから始まったボランティア活動の場です。
 「おもちゃ」が人と人を結びつけ、障がいのある子も、ない子も共に遊び、交流し育ち合っています。
 ボランティアは、障がいのある子どもたちと遊び、おもちゃの出し入れや整理、修理、手作りおもちゃの製作
 などの活動をします。
 活動時間は、第5を除く毎水曜日午前10時から午後4時までですが、短い時間でも大歓迎です。
 また、夏休み限定など、学生さんのボランティアも大歓迎です。
・問合せ・申込みは、電話0551−22−6111 あけぼの医療福祉センター 地域支援課までお願いします。


<< 募集 >>

■明野ひまわりゼミ 講師募集

・明野ひまわりゼミは、無料の学習塾です。
・毎週2回、火曜と木曜の午後6時から8時まで、北杜市明野総合会館で開かれ、12人の小中学生が学んでいます。
 今、ひまわりゼミでは、主として小学生に基礎英語を指導いただける講師を求めています。
 週に1回、1時間でも大歓迎です。なお、報酬、交通費の支給はありません。
・お問い合わせは、電話080−6538−0849 明野ひまわりゼミ代表 駒谷さんまでお願いします。


■無料塾「希望」(タダゼミ) 参加希望者募集

・無料塾「希望」は、経済的に困難な家庭の中学生を対象に、学習支援をしています。
・来年の高校入試前まで、毎週1回、土曜日か日曜日に、およそ3時間の学習支援をします。
 昨年は、県内でおよそ70人の中学生が利用しました。本年度の参加希望者を募集しています。
 参加の対象は中学生です。3年生が中心ですが、2年生、1年生でも参加できます。
 費用は、かかりません。
・会場は、韮崎、北杜長坂のほか甲府、南アルプス、富士吉田の5カ所です。
 教科は、数学、英語を中心に、入試教科の国語、社会、理科も含めた5教科です。
・参加申し込みは、韮崎教室が、電話080−5086−6375
 北杜長坂教室が、電話090−1430−3743 へお問い合わせください。いつでも参加できます。



特定非営利活動法人(NPO法人)八ヶ岳コミュニティ放送 株式会社エフエム八ヶ岳
〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3409-2
              TEL:0551-36-6700 FAX:0551-36-6701
メール送信 ↑このページのトップへ戻る
放送局概要 運営団体 サイトポリシー
Copyright(C) 2006 FM YATSUGATAKE.