エフエム八ヶ岳 トップページ エフエム八ヶ岳 タイムテーブル 月曜〜金曜 エフエム八ヶ岳 タイムテーブル 土曜と日曜 エフエム八ヶ岳 スタジオ エフエム八ヶ岳 運営団体 エフエム八ヶ岳 イベント情報 エフエム八ヶ岳 電波に乗せて宣伝します エフエム八ヶ岳 パーソナリティ紹介 エフエム八ヶ岳 はボランティアスタッフを募集してます
 八ヶ岳の森から心地よいサウンドと楽しい情報を発信  NPO法人コミュニティ放送 エフエム八ヶ岳
放送局概要 運営団体 サイトポリシー

Info City

八ヶ岳周辺のフレッシュなイベント情報などのお知らせ
放送日、時間 月曜日〜金曜日
8 時 00 分 〜 8 時 15 分 / 9 時 00 分 〜 9 時 15 分 / 10 時 00 分 〜 10 時 15 分 / 13 時 00 分 〜 13 時 10 分

<< お茶会 >>

■山の茶でお茶会

・2月26日日曜日午後零時半と2時の2回開かれます。
・場所は、北杜市白州町のおっぽに亭こっこ白州横手店です。
 日本茶の無農薬栽培をしている静岡県の村上園主人、村上倫久さんを講師に迎え、
 お茶作りの魅力やお茶パワーについてのお話、お茶の美味しい入れ方を伝授してもらいます。
 また、有機無農薬栽培の野菜を使った漬物の樽出し直売を行います。
 「赤かぶ甘酢漬け」「大根の醤油漬け」など、こだわりの漬物が勢ぞろい。試食ができます。
・お問い合わせは、電話0551−35−4445 おっぽに亭こっこ白州横手店までお願いします。


<< イベント >>

■八ヶ岳 「温泉めぐり」と「そばめぐり」 八ヶ岳遊湯(ゆうゆ)ラリー

・3月26日日曜日まで開かれています。
・場所は、北杜市と長野県富士見町・原村の温泉とそば店です。
 八ヶ岳観光圏の温泉をお得に楽しめる「八ヶ岳遊湯ラリー」。
 美肌、疲労回復、未病予防など、泉質さまざまな14カ所の温泉が参加しています。
 スタンプラリーで、入浴券が当たります。
 さらに、今回の「遊湯ラリー」は八ヶ岳エリアのそば店ともコラボしていて、
 参加そば店30店のスタンプも集めればそばに関する特産品が当たるWチャンスがあります。
・お問い合わせは、電話0551−48−3457 八ヶ岳ツーリズムマネジメントまでお願いします。


■平成28年度北杜市図書館「特別講演会&利用者懇談会」

・2月26日日曜日午後1時半から4時まで開かれます。
・場所は、北杜市須玉町の「すたま森の図書館」です。
 特別講演会は午後1時半から始まります。講師は、ミンダナオ子ども図書館 館長の松居友さんで、
 演題は「本のチカラ、生きるチカラ〜フィリピン・ミンダナオ島に子ども図書館をつくって」です。
 参加無料、申し込みが必要です。
 利用者懇談会は、3時から始まります。
 今後の図書館運営に活かしていくため、図書館への要望やご意見をお聞かせください。申し込み不要です。
・お問い合わせは、電話0551−38−1211 北杜市金田一春彦記念図書館までお願いします。


<< 体験 >>

■めざせ!冬あそびの達人 清里で“ふゆんちゅ(冬人)”になろう「星降る高原の新月ナイトハイク」


・2月24日金曜日と25日土曜日のそれぞれ午後7時45分から10時まで開かれます。
 会場は、北杜市高根町のキープ協会内です。
 新月のころは、気持ちを整理したり、新しいことを始めたりすることに適した時期と言われています。
 星空の下を静かに歩きながら自然と一体となり、最後はたき火を囲みながら新しい月の始まりに思いを馳せましょう。
 対象は、中学生以上親子と一般です。
 定員は20人、有料です。
・申込み・問合せは、電話0551−48−3795 キープ協会 環境教育事業部までお願いします。


<< 講座 >>

■平成28年度 夜学 日本酒入門講座 第2回「酒造りへのこだわり」

・2月24日金曜日午後6時半から8時まで開かれます。
・場所は、甲府市の山梨県防災新館1階オープンスクエアです。
 講師は、太冠酒造株式会社 杜氏の菊池良充さんです。
 日本酒はお米を発酵させて造られる醸造酒です。
 伝統を守り、受け継がれる酒造りへのこだわり、また、女性や若い人に好まれる酒類や飲み方などについて学べます。
 なお、地酒の試飲があります。ご希望の方は受講申し込みの際にご予約ください。
 対象は、満20歳以上の一般県民70人です。事前の申し込みを必ずお願いします。
 参加費は、試飲代500円。お帰りの際の車の運転は厳禁です。試飲しない方は無料です。
・申込み、問合せは、電話055−223−1853 山梨県生涯学習推進センターまでお願いします。


■八ヶ岳の環境と文化を学ぶ講座 第5回

・3月4日土曜日午後1時から3時まで開かれます。
・場所は、北杜市大泉町の山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンターです。
 講師は、日本大学・山梨県立大学非常勤講師の高橋真理子さんで、演題は「八ヶ岳の星空と宇宙」です。
 八ヶ岳は全国屈指の美しい星空をもつ場所です。
 満天の星空は、私たちが、広大な宇宙に住む小さな存在であることを教えてくれます。
 「八ヶ岳と星空」にゆかりのある人たちにも触れながら、八ヶ岳から星空を見上げる意味を考えていきます。
 対象は一般で、定員は30人、事前の申し込みが必要です。
・申込み、問合せは、電話0551−48−2900 山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンターまでお願いします。


■韮崎市ふるさと偉人資料館 第7回企画展関連講座「峡北教育の父 生山正方を語る」

・2月26日日曜日午後1時半から3時まで開かれます。
・場所は、韮崎市民交流センター・ニコリ1階会議室です。
 講師は、白鳳会会長の秋山泉さんと、韮崎ふるさと偉人研究会会長の清水一さんです。
 二人の講師によるトークとスライドショーで、江戸時代後期の学者として教育者として
 最も顕著な実績を残した「生山正方」について学びます。
 申し込み不要、参加無料です。
・お問い合わせは、電話0551−21−3636 韮崎市ふるさと偉人資料館までお願いします。


<< シンボル展 >>

■浄土 憧憬 人々があこがれ続けた極楽浄土とそのかたち

・2月27日月曜日まで開かれています。
・場所は、笛吹市の山梨県立博物館です。
 古来人々が願ってきた極楽浄土への往生。とりどりの花やきらびやかな宝石に彩られた
 この上なく美しい浄土の情景は、賛美の言葉を尽くして数々の経典に語られています。
 本展では、極楽浄土の様子を描いた当麻曼荼羅図(たいままんだらず)や極楽浄土の主である阿弥陀如来像など
 を紹介し、「遥かなる憧れの地」を求め続けた人々に思いを馳せていただきます。
・お問い合わせは、電話055−261−2631 山梨県立博物館までお願いします。


<< 募集 >>

■明野ひまわりゼミ 講師募集

・明野ひまわりゼミは、無料の学習塾です。
・毎週2回、火曜と木曜の午後6時から8時まで、北杜市明野総合会館で開かれ、12人の小中学生が学んでいます。
 今、ひまわりゼミでは、主として小学生に基礎英語を指導いただける講師を求めています。
 週に1回、1時間でも大歓迎です。なお、報酬、交通費の支給はありません。
・お問い合わせは、電話080−6538−0849 明野ひまわりゼミ代表 駒谷(こまや)さんまでお願いします




<< 展覧会 >>

■第60回記念 徽墨会(きぼくかい)展

・書道団体「徽墨会」は、第60回記念 徽墨会展を開催します。
・今回は、会場の都合により、二期に分けての展示となります。
 第二期は2月23日木曜日まで開かれています。初日は午後1時から、最終日は午後3時半までです。
 場所は、山梨県立美術館県民ギャラリーCです。
 展示作品は、顧問・正副会長・運営委員・審査会員作品です。
 併設展として、特別展示「徽墨会を支えた人々の書展」があります。
 漢字、仮名、調和体、硬筆など多彩な作品で見応えのある展覧会になっています。
・お問い合わせは、電話0551−22−6532 徽墨会会長・田中さんまでお願いします。


■深沢幸雄 追悼展

・3月26日まで開かれています。
・場所は、南アルプス市の南アルプス市立美術館です。
 戦後日本の版画界を牽引してきた深沢幸雄さんが、1月2日に92年間の作家人生にピリオドをうちました。
 南アルプス市立美術館では、その偉大なる作家人生をたどりながら、深沢幸雄追悼展を開催します。
 1924年、大正13年に南巨摩郡増穂町、現 富士川町に生まれた深沢幸雄は、
 東京美術学校、現 東京藝術大学工芸科彫金部を卒業後、東京空襲時に足に怪我を負い、
 机上で制作が可能だった銅版画を独学で習得しながら先駆的な銅版画家たちを研究し、後には“銅版画技法の神様”
 とまで評 されるように、独自の表現様式を確立してきました。
 本展では、2006年に本人より南アルプス市立美術館に寄贈された400点余りの作品の中から銅版画をはじめ、
 陶芸、書、パステル、ガラス絵など60点余りの遺作を展示し、深沢幸雄の生き様とその芸術活動の軌跡をたどります。
・お問い合わせは、電話055−282−6600 南アルプス市立美術館までお願いします。


■中村キース・ヘリング美術館 開館10周年記念展「キース・ヘリングと日本」

・来年1月8日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町の中村キース・ヘリング美術館です。
 1980年代のアメリカ美術を代表するアーティスト、キース・ヘリングの作品を展示する
 世界で唯一の美術館として出発した中村キース・ヘリング美術館は、2017年に開館10周年を迎え、
 作家の日本での活動にフォーカスした記念展を開催します。
 本展では、器や扇子など代表的な作品を紹介し、日本文化をポップに昇華させたヘリングの自由で多様な世界観を
 提示します。
 1998年に東京で制作された「招き猫」は世界で初公開となる大変貴重な作品です。
 また、1987年に、東京多摩市のパルテノン多摩でおよそ500人の子どもたちと共同制作された壁画を
 6月末まで期間限定で特別展示します。
・お問い合わせは、電話0551−36−8712 中村キース・ヘリング美術館までお願いします。


■コレクション企画展 没後100年 野口小蘋

・2月26日日曜日まで開かれています。
・場所は、甲府市の山梨県立美術館です。
 2017年は、近代を代表する女性南画家、野口小蘋の没後100年にあたります。
 本展では、開館以来、県立美術館が収集してきた全作品と選りすぐりの寄託作品を一堂に会しています。
 中には、日の目を見ること無く収蔵庫に眠り続けた作品や、今回、新たに寄託された作品、初紹介作品も多数並び、
 優雅で格調高い小蘋芸術の世界を鑑賞できます。
・お問い合わせは、電話055−228−3322 山梨県立美術館までお願いします。


■公募展「小宮のおんばしら」写真展

・3月26日まで開かれています。
・場所は、長野県原村の八ヶ岳美術館です。
 諏訪地方の産土様(うぶすなさま)や氏神様、庭先の小さな祠(ほこら)まで、
 各地で行われた小宮御柱祭の応募されたスナップ写真やファミリー写真を展示します。
・お問い合わせは、電話0266−74−2701 八ヶ岳美術館までお願いします。


<< 相談 >>

■障害者とその家族の相談窓口「障害者110番」

・山梨県障害者社会参加推進センターが、山梨県障害者権利擁護事業の一つとして委託を受け行っています。
・一般相談は火曜日から土曜日の午前9時から午後4時までで、祝祭日と年末年始は除きます。
 休日時間外は留守番電話で対応しています。
・弁護士相談は毎月第3火曜日の午後1時半から4時半までで、予約が必要です。
 相談内容は、財産管理・相続・契約・消費者金融・成年後見人のことや、職場・隣人・家族関係の悩み、
 生活・人権・年金・雇用に関すること、そして福祉サービス・医療・保険のことなどです。
 相談は無料で、個人の秘密は固く守られます。
・お問い合わせは、電話055−254−6266 山梨県障害者社会参加推進センターまでお願いします。


<< ボランティア募集 >>

■「あけぼのおもちゃ図書館」での活動

・第5を除く毎週水曜日午前10時から午後4時まで活動します。
・場所は、韮崎市の県立あけぼの医療福祉センターです。
 おもちゃ図書館は、障がいのある子どもたちが、おもちゃを通して楽しく遊ぶことができるように、
 との願いから始まったボランティア活動です。
 「おもちゃ」が人と人を結びつけ、障がいのある子も、ない子も一緒に遊び、交流しあう場です。
 障がいのある子どもたちと遊んだり、おもちゃの出し入れを行ったり、おもちゃを作ったりします。
 短い時間の参加も大歓迎。夏休み限定などの学生ボランティアも募集しています。
・お問い合わせは、電話0551−22−6111 
 県立あけぼの医療福祉センター地域支援課・今村さんまでお願いします。


<< 募集 >>

■無料塾「希望」(タダゼミ) 参加希望者募集

・無料塾「希望」は、経済的に困難な家庭の中学生を対象に、学習支援をしています。
・来年の高校入試前まで、毎週1回、土曜日か日曜日に、およそ3時間の学習支援をします。
 昨年は、県内でおよそ70人の中学生が利用しました。本年度の参加希望者を募集しています。
 参加の対象は中学生です。3年生が中心ですが、2年生、1年生でも参加できます。
 費用は、かかりません。
・会場は、韮崎、北杜長坂のほか甲府、南アルプス、富士吉田の5カ所です。
 教科は、数学、英語を中心に、入試教科の国語、社会、理科も含めた5教科です。
・参加申し込みは、韮崎教室が、電話080−5086−6375
 北杜長坂教室が、電話090−1430−3743 へお問い合わせください。いつでも参加できます。



特定非営利活動法人(NPO法人)八ヶ岳コミュニティ放送 株式会社エフエム八ヶ岳
〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3409-2 TEL:0551-36-6700
メール送信 ↑このページのトップへ戻る
放送局概要 運営団体 サイトポリシー
Copyright(C) 2006 FM YATSUGATAKE.