エフエム八ヶ岳 トップページ エフエム八ヶ岳 タイムテーブル 月曜〜金曜 エフエム八ヶ岳 タイムテーブル 土曜と日曜 エフエム八ヶ岳 スタジオ エフエム八ヶ岳 運営団体 エフエム八ヶ岳 イベント情報 エフエム八ヶ岳 電波に乗せて宣伝します エフエム八ヶ岳 パーソナリティ紹介 エフエム八ヶ岳 はボランティアスタッフを募集してます
 八ヶ岳の森から心地よいサウンドと楽しい情報を発信  NPO法人コミュニティ放送 エフエム八ヶ岳
放送局概要 運営団体 サイトポリシー

Info City

八ヶ岳周辺のフレッシュなイベント情報などのお知らせ
放送日、時間 月曜日〜金曜日
8 時 00 分 〜 8 時 15 分 / 9 時 00 分 〜 9 時 15 分 / 10 時 00 分 〜 10 時 15 分 / 13 時 00 分 〜 13 時 10 分

<< イベント >>

■ワイン&クラフト フェスタ

・9月30日土曜日と10月1日日曜日の午前10時から午後4時まで開かれます。
・場所は、北杜市長坂町の平山郁夫シルクロード美術館です。
 おいしいワイン、八ヶ岳のグルメ、ブドウに関連したクラフト作品などを紹介します。
 また、シルクロード5ヵ国のワインの飲み比べ、シニアソムリエのワイン講座、ミニライブに無料で参加できます。
・お問い合わせは、電話0551−32−0225 平山郁夫シルクロード美術館までお願いします。


■2017ぐるぐるピース市

・9月30日午前11時から午後4時まで開かれます。
・場所は、長野県原村の原村ピースドームです。
 2011年から始まった「原村・ぐるぐるピース市」。本年度をもって一区切りとなります。
 やおや、クラフト、手作りおやつとパン、リユース・リサクルなどの出店があります。
・お問い合わせは、電話080−9434−0112 原村ピースドームまでお願いします。


■35周年特別企画「絵本ライブ」

・9月23日土曜日午前11時から午後3時半まで開かれます。
・場所は、北杜市小淵沢町のえほん村です。
 「世界中の子どもたちへ・・・絵本がめざしている世界」をテーマに、午前11時から「マジョの絵本のおはなし」が、
 午後2時からマジョとほやほや絵本専門士のみなさんによる「絵本ライブ」がそれぞれ行われます。
 また、24日日曜日午前11時から「マジョの絵本講座」が開かれます。
・お問い合わせは、電話0551−36−3139 えほん村までお願いします。


■津金こどもマーケット&津金りんご食堂

・9月24日日曜日午前11時から午後3時まで開かれます。
・場所は、北杜市須玉町下津金の三代校舎ふれあいの里です。
 三代校舎ふれあいの里の津金学校で、毎年開催されている津金こどもマーケットは、
 子どもたちが、売りたい、やりたいと思ったことをマーケットとして出店する1日限りの商店街です。
 同じく三代校舎ふれあいの里の大正館では、津金りんご食堂がオープンし、
 子どもたちと地域の人たちが協力して作るカレーを販売します。こちらは午後2時までです。
・お問い合わせは、電話0551−20−7100 
 津金学校内津金こどもマーケット実行委員会までお願いします。


■八ヶ岳環境映像祭2017「風の波紋」

・9月23日土曜日午後1時から3時50分まで開かれます。
・場所は、北杜市大泉町の八ヶ岳自然ふれあいセンターです。
 第1部は、小林茂監督の映画「風の波紋」を上映します。
 日本の古き良き文化をの大切さや、いのちのつながりを感じる作品です。
 第2部はレンジャーによるガイドウォークで、自然と共に生きるレンジャーと、自然を生かした「暮らし方」
 について考えてみます。
 参加無料ですが、予約が必要です。
 映画のみの参加も可能です。
・申込・問合せは、電話0551−48−2900 八ヶ岳自然ふれあいセンターまでお願いします。


<< 連続講座 >>

■「表現者の舞台裏」第1回「舞台奥から眺めるオーケストラ」

・9月30日土曜日午後2時から3時半まで開かれます。
・場所は、北杜市の長坂コミュニティ・ステーション ホールです。
 平成29年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」で、山梨大学・北杜市連携事業として開催されます。
 講師は、元NHK交響楽団トロンボーン奏者の三輪純生さんと、
 元東京フィルハーモニー交響楽団バストロンボーン奏者の細洞寛さん。
 コーディネーターは、山梨大学准教授の大内邦靖さんで、入場無料です。
・お問い合わせは、電話0551−42−1373 北杜市教育委員会生涯学習課までお願いします。


<< 講座 >>

■マジョの絵本講座

・10月7日土曜日午後2時、8日日曜日午後1時からそれぞれ開かれます。
・場所は、北杜市小淵沢町のえほん村です。
 講師は、えほん村館長で絵本作家の松村雅子さんで、内容は「絵本を読む」「絵本の魅力」「絵本の力」などです。
 受講を希望される方は、予約が必要です。
 少人数制、参加費は500円です。
・申込・問合せは、電話0551−36−3139 えほん村までお願いします。


<< コンサート >>

■オーケストラ&合唱コンサート

・10月9日月曜日午後2時から開かれます。
・場所は、北杜市高根町の八ヶ岳やまびこホールです。
 第11回八ヶ岳音楽祭関連公演で、プログラムは、ラベル「古風なメヌエット」、グノー「聖チェチーリア荘厳ミサ」、
 ムソルグスキー「展覧会の絵」で、オーケストラと合唱の美しいハーモニーを楽しめます。
 入場料は、前売券が2,500円、高校生以下が1,000円で、全席自由となっています。
・お問い合わせは、電話0551−47−5488 音楽祭事務局 細洞さんまでお願いします。


<< 体験 >>

■「森を守っていただきます」 〜お母ちゃん今日は休んでろし

・10月14日土曜日から15日日曜日まで1泊で開かれます。
・場所は、北杜市高根町の山梨県立八ヶ岳少年自然の家です。
 山梨県立八ヶ岳少年自然の家主催事業です。
 清里の大自然の中で、話題のスウェディッシュトーチを作り、間伐体験や野外料理にチャレンジします。
 対象は、小学生とその父親で、家族同伴もできます。
 有料で、定員は、20組40人です。
・申込・問合せは、電話0551−48−2306 山梨県立八ヶ岳少年自然の家までお願いします。


■てくてく八ヶ岳 〜スポット地区を巡るフットパス第3回 実りの秋の田園を歩く
〜水の恵みとともにある暮らし

・9月24日日曜日午前9時半から正午まで開かれまれす。
・集合場所は、北杜市小淵沢町の大滝湧水周辺です。
 今回のスポット地区は、「大滝名水と緑の里」のコースです。
 豊かな水に恵まれた八ヶ岳南麓では、その恵みが暮らしの中に大切に生かされています。
 田畑が色づく頃の田園を歩きながら、八ヶ岳の地形や、水と暮らしの関係をたどります。
 対象は一般で、定員は20人、参加無料ですが、予約が必要です。
・申込・問合せは、電話0551−48−2900 山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンターまでお願いします。


■トレイルランニング体験教室

・10月1日日曜日午前10時から正午まで開かれます。
・場所は、韮崎市穂坂町の穂坂自然公園ふれあいセンターです。
 昨年、公園内に新設されたトレイルランニングコース「サンライズヒル穂坂」を監修した世界的トレイルランナー
 山本健一さんを講師に、トレランに必要な「基礎知識」、「走法」、「注意点」などを
 公園内のトレランコースを使って、楽しく学ぶ初心者向けイベントです。
 運動に適した服装・履物でご参加ください。
 定員は30人で、参加費は傷害保険代200円です。
 必ず事前の予約をお願いします。
・申込・問合せは、電話0551−37−4362 穂坂自然公園ふれあいセンターまでお願いします。


■燻製作り体験教室

・9月30日土曜日午前10時から正午まで開かれます。
・場所は、韮崎市穂坂町の穂坂自然公園ふれあいセンターです。
 鶏肉やチーズ、ウィンナー、ゆで卵などを材料にして、家庭でもできるおいしい燻製作りを体験するイベントです。
 汚れてもよい服装でご参加ください。
 定員は15人で、参加費は500円です。
 必ず事前の予約をお願いします。
・申込・問合せは、電話0551−37−4362 穂坂自然公園ふれあいセンターまでお願いします。


<< 募集 >>

■赤い羽根共同募金運動・街頭募金 学生ボランティア募集

・山梨県共同募金会韮崎市支会と韮崎市社会福祉協議会は、赤い羽根共同募金運動・街頭募金活動を行う
 学生ボランティアを募集しています。
 赤い羽根共同募金は、1947年(昭和22年)にスタートした市民のやさしさや思いやりを届ける運動で、
 街頭募金では、協力者へ直接、感謝の気持ちを伝えることができます。
・募金活動は10月8日日曜日を皮切りに14日、21日、28日、11月11日の各土曜日、
 韮崎市内のイベント会場やライフガーデンにらさきで行います。
・対象は、中学生以上の学生で、募金の呼びかけや風船などの配布を行います。
 1日のみや短時間の活動でも可能です。
 参加を希望する方は、3日前までに電話またはメールでお申し込みください。
・申込・問合せは、電話0551−22−6944 
 山梨県共同募金会韮崎市支会・韮崎市社会福祉協議会までお願いします。


<< 観察会 >>

■星空観察会

・9月21日木曜日午後7時から開かれます。
・場所は、北杜市の高根町農村環境改善センターです。
 八ヶ岳山麓に広がる美しい星空をみんなで楽しく見上げ、星旅に出かけます。
 観察は1時間程度で、参加無料です。
 雨天などの場合でも、室内で投影や星空の話があります。
・問合せ・申込は、電話080−5227−6776 星見里(ほくと)の会代表 宮下さんまでお願いします。


<< 観劇 >>

■オペラ「椿姫」

・9月24日日曜日午後2時から開かれます。
・場所は、北杜市高根町の八ヶ岳やまびこホールです。
 第11回八ヶ岳音楽祭関連公演で、オペラ鑑賞が初めての方でも楽しむことができる日本語訳で上演します。
 合唱には八ヶ岳音楽祭合唱団有志が出演します。
 入場料は、前売券が2,000円、高校生以下が500円で、全席自由となっています。
・お問い合わせは、電話0551−42−1373 北杜市教育委員会生涯学習課までお願いします。


<< 写真展 >>

■宮西憲司 第7回 八ヶ岳山麓の四季

・10月2日まで開かれています。
・場所は、北杜市大泉町の八ヶ岳ふれあいセンターです。
 長坂町在住の宮西さんは、四季折々の八ヶ岳の自然や風景を写真に撮っています。
 7回目になる個展では、純風景の作品を44点展示します。
 宮西さんは、開催中、会場にいます。
・お問い合わせは、電話0551−48−2900 八ヶ岳ふれあいセンターまでお願いします。


<< 講演会 >>

■講演会「憲法は愛と希望」

・10月1日日曜日午後2時から4時15分まで開かれます。
・場所は、北杜市小淵沢町の生涯学習センターこぶちさわです。
 今、憲法論議がメディアなどでも取り上げられていますが、平和主義の憲法をもっと分かりやすく解説してもらう
 ために北杜市各地区の「九条の会」が主催して開きます。
 講師は弁護士で「九条の会」世話人の伊藤真さん。
 演題は「憲法は愛と希望」です。今、焦点となっている改憲問題も含めて解説します。
 参加費は500円で、高校生以下は無料です。
・お問い合わせは、電話0551−47−2997 八ヶ岳九条の会 谷さんまでお願いします。


<< 民俗芸能 >>

■平成29年度 北杜市郷土資料館企画展 神々に捧げる祈りの舞〜北杜の神楽

・10月22日まで開かれています。
・場所は、北杜市長坂町の北杜市郷土資料館です。
 今回の企画展は、北杜市内でおよそ50カ所の神社で舞われている大和神楽がどういうものなのか、舞っている演目は
 何を表しているのかなど、市内の神楽を中心に北杜市の民俗芸能について紹介しています。
・お問い合わせは、電話0551−32−6498 北杜市郷土資料館までお願いします。


<< 展覧会 >>

■安野光雅(あんの・みつまさ)の世界展
 〜「おおきなもののすきなおうさま」から「わたしの好きな子どものうた」まで 

・10月7日土曜日から12月3日日曜日まで開かれます。
・場所は、南アルプス市の南アルプス市立美術館です。
 安野光雅は、最も人気の高い絵本作家の一人です。
 展覧会では、幼児向け雑誌「しぜんのくに」の表紙を飾った「おたより」や「おおきなもののすきなおうさま」
 のほかに、最新作である「わたしの好きな子どものうた」の原画までおよそ80点を展示し、
 楽しくて魅力あふれる安野光雅の芸術世界を紹介します。
 また、10月7日午後2時から安野光雅美術館館長による「美術講演会」、
 10月14日土曜日午前10時半から「安野光雅の絵本おはなし会」が開催されます。
・お問い合わせは、電話055−282−6600 南アルプス市立美術館までお願いします。


■キャットアート個展 第5回市田志保 ことのは展「名モ無キ者達ヘ」

・9月25日金曜日から10月10日月曜日まで開かれます。
・場所は、北杜市小淵沢町のおもだか屋アートステージです。
 家もなく、飼い主もなく、名もなく、誰からも愛されることなく、たくましく生きる猫たちが主人公です。
 北杜市在住の造形書画家の市田さんは、「世の中の名も無き小さな猫たちに心からのメッセージを送ります」
 と話しています。
 9月29日から10月1日と7日から9日は、市田さんが会場にいます。
 入場無料です。
・お問い合わせは、電話0551−20−5330 おもだか屋アートステージまでお願いします。


■栗原史子「フェルト・ワーク展」

・9月25日月曜日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町のギャルリーアビアントです。
 栗原さんはクラフト作家で1983年に東京から北杜市に移住、独学で原毛を素材とするフェルト手法によって
 オリジナル作品を製作しています。
 帽子・人形・オブジェ・小物雑貨など、およそ100点を展示・販売しています。
・お問い合わせは、電話0551−36−4678 ギャルリーアビアントまでお願いします。


■企画展「シルクロードの神々と人々」

・9月21日木曜日から12月27日まで開かれます。
・場所は、北杜市長坂町の平山郁夫シルクロード美術館です。
 平山郁夫シルクロード美術館コレクションの中から、先史文化や仏教文化などシルクロード文化を担った人々と、
 彼らが崇めた神仏、そして平山郁夫が描いた今のシルクロードに生きる人々の姿から、シルクロードの歴史の中で
 文化を生み伝承し、伝播してきた人々の息吹を展覧します。
・お問い合わせは、電話0551−32−0225 平山郁夫シルクロード美術館までお願いします。


■なんじゃこれ!? びっくり動物展

・10月30日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町のえほん村です。
 動物好きな作家たちの「石ころアート」「イラストレーション」「生活面白グッズ」が集まり
 おかしな動物園になりました。
 えほん村・村長 松村太三郎さんと、友だちの佐藤邦雄さん、毛利泰房さん、西山英介さんが出品します。
・お問い合わせは、電話0551−36−3139 えほん村までお願いします。


■キャットアート・正木 卓 個展「熱中時代2017」

・9月25日月曜日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町のおもだか屋アートステージです。
 陶芸家の正木さんは、猫たちの本気とやる気と、たまに脱力を全力で表現しています。
 9月8日と9日は、正木さんが会場にいます。
 入場無料です。
・お問い合わせは、電話0551−20−5330 おもだか屋アートステージまでお願いします。


■韮崎大村美術館開館10周年記念「女性作家の華やぎ T」

・12月3日まで開かれています。
・場所は、韮崎大村美術館です。
 韮崎大村美術館は、平成19年開館以来10周年という節目を記念し、コレクションの柱の一つである
 日本の現近代に活動した女性作家たちに焦点を当て、作家たちが歩んできた軌跡をたどります。
 第1部では、明治維新による近代化が進む中で、女性作家の先駆者として礎を築いたともいえる
 胎動期の作家、上村松園、三岸節子、片岡珠子らの作品を中心に紹介します。
・お問い合わせは、電話0551−23−7775 韮崎大村美術館までお願いします。


■片田好美 水彩画展「森と生きる」

・10月1日まで開かれています。
・場所は、長野県原村の八ヶ岳美術館です。
 蓼科在住の片田さんは、野鳥を中心に森の動植物を描いています。
 森や野原、水辺の鳥や植物を日々丹念に観察し、こつこつと制作に打ち込み、命あるものへの愛情あふれる作品、
 およそ70点を展示しています。
・8月26日土曜日午後2時から、片田好美ギャラリートークがあります。
・お問い合わせは、電話0266−74−2701 八ヶ岳美術館までお願いします。


■「木村 利三郎 追悼」展

・10月1日まで開かれています。
・場所は、南アルプス市の南アルプス市立美術館です。
 1924年(大正13年)に横須賀で生まれ、2014年(平成26年)に亡くなった木村利三郎は、
 “リサ”の愛称で親しまれました。ニューヨークを基点に活動しながら、都市の崩壊と再生、あるいは宇宙
 をテーマに描き続けた戦後の日本を代表する美術家の一人です。
 本展覧会は、およそ70点の版画や水彩画の代表作が展示されます。
・お問い合わせは、電話055−282−6600 南アルプス市立美術館までお願いします。


■開館20周年記念特別展『リサとガスパール とうきょうへいく』刊行記念
 リサとガスパール絵本原画展

・9月25日まで開かれています。
・場所は、北杜市高根町のえほんミュージアム清里です。
 アン・グッドマンとゲオルグ・ハレンスレーベン夫妻が描く犬でもウサギでもない不思議な二人が活躍する物語です。
 この展覧会は、最新刊『リサとガスパール とうきょうへいく』のすべての原画と、
 シリーズの既刊作品から厳選した原画、合わせておよそ50点の絵本原画を、スケッチなどとともに展示しています。
・お問い合わせは、電話0551−48−2220 えほんミュージアム清里までお願いします。


■パトリシア・フィールド アート・コレクション 〜パトリシア・フィールドの世界

・11月19日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町の中村キース・ヘリング美術館です。
 パトリシア・フィールドは1942年ニューヨーク生まれのスタイリストで、映画「プラダを着た悪魔」、
 テレビドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」などで名をはせたました。
 フィールドのアートコレクションの主要作品 190点が中村キース・ヘリング美術館に収蔵され、
 ブティックアートが「パトリシア・フィールド・アートコレクション」として、新たに展開されています。
・お問い合わせは、電話0551−36−8712 中村キース・ヘリング美術館までお願いします。


■西村豊「八ヶ岳 生きもの ものがたり」

・12月3日まで開かれています。
・場所は、北杜市高根町の清里フォトアートミュージアム K MoPAです。
 八ヶ岳をフィールドに、40年間活動してきた自然写真家・西村豊さんの個展です。
 西村さんの代表作の「ヤマネ」シリーズをはじめ、デビュー作のホンドギツネ、
 また近年、児童向けの写真絵本として発表しているニホンリスの「よつごのこりす」など、
 未発表作品を含むおよそ200点を展示します。
 西村さんの多様な活動と写真から、八ヶ岳の豊かな自然と共存する生きものたちの生命(いのち)の輝き
 を感じることができます。
・お問い合わせは、電話0551−48−5599 清里フォトアートミュージアムまでお願いします。


■HETEROGENEOUS ART OF AFRICA(ヘタロヂーニアス アート オブ アフリカ)異形の美術

・9月25日まで開かれています。
・場所は、北杜市長坂町のアフリカン アート ミュージアムです。
 アフリカの造形は、思いもよらないデフォルメ、フォルム、表現力、質感など、理屈ではなく
 観る者の心に直接訴えかけてくる力があります。それは、数百年の間に淘汰された、民族の根源的な形、表現であり、
 何よりも生きるための願いがこもった魂の造形だからです。
 今回の展覧会では、このような不思議な造形物を紹介しています。
・お問い合わせは、電話0551−45−8111 アフリカンアートミュージアムまでお願いします。


■中村キース・ヘリング美術館 開館10周年記念展「キース・ヘリングと日本」

・来年1月8日まで開かれています。
・場所は、北杜市小淵沢町の中村キース・ヘリング美術館です。
 1980年代のアメリカ美術を代表するアーティスト、キース・ヘリングの作品を展示する
 世界で唯一の美術館として出発した中村キース・ヘリング美術館は、2017年に開館10周年を迎え、
 作家の日本での活動にフォーカスした記念展を開催します。
 本展では、器や扇子など代表的な作品を紹介し、日本文化をポップに昇華させたヘリングの自由で多様な世界観を
 提示します。
 1998年に東京で制作された「招き猫」は世界で初公開となる大変貴重な作品です。
 また、1987年に、東京多摩市のパルテノン多摩でおよそ500人の子どもたちと共同制作された壁画を
 6月末まで期間限定で特別展示します。
・お問い合わせは、電話0551−36−8712 中村キース・ヘリング美術館までお願いします。


<< 相談 >>

■障害者とその家族の相談窓口「障害者110番」

・山梨県障害者社会参加推進センターが、山梨県障害者権利擁護事業の一つとして委託を受け行っています。
・一般相談は火曜日から土曜日の午前9時から午後4時までで、祝祭日と年末年始は除きます。
 休日時間外は留守番電話で対応しています。
・弁護士相談は毎月第3火曜日の午後1時半から4時半までで、予約が必要です。
 相談内容は、財産管理・相続・契約・消費者金融・成年後見人のことや、職場・隣人・家族関係の悩み、
 生活・人権・年金・雇用に関すること、そして福祉サービス・医療・保険のことなどです。
 相談は無料で、個人の秘密は固く守られます。
・お問い合わせは、電話055−254−6266 山梨県障害者社会参加推進センターまでお願いします。


<< ボランティア募集 >>

■清春芸術村内の監視と案内

・北杜市長坂町の清春芸術村は、一緒に清春芸術村を盛り上げてくれる方を募集しています。
・仕事は、清春芸術村内の清春白樺美術館・光の美術館での監視及び芸術村内の案内です。
 昼食・交通費として1,000円支給されます。
 火曜日から日曜日午前10時から午後4時までの都合のよい日時に活動します。
・お問い合わせは、電話0551−32−4865 清春芸術村までお願いします。


■「あけぼのおもちゃ図書館」で一緒に活動しませんか?

・韮崎市旭町の山梨県立あけぼの医療福祉センターは、「あけぼのおもちゃ図書館」で活動する
・ボランティアを随時募集しています。
 おもちゃ図書館は、障がいのある子どもたちがおもちゃを通して楽しく遊ぶことができるように・・との
 願いから始まったボランティア活動の場です。
 「おもちゃ」が人と人を結びつけ、障がいのある子も、ない子も共に遊び、交流し育ち合っています。
 ボランティアは、障がいのある子どもたちと遊び、おもちゃの出し入れや整理、修理、手作りおもちゃの製作
 などの活動をします。
 活動時間は、第5を除く毎水曜日午前10時から午後4時までですが、短い時間でも大歓迎です。
 また、夏休み限定など、学生さんのボランティアも大歓迎です。
・問合せ・申込みは、電話0551−22−6111 あけぼの医療福祉センター 地域支援課までお願いします。


<< 募集 >>

■明野ひまわりゼミ 講師募集

・明野ひまわりゼミは、無料の学習塾です。
・毎週2回、火曜と木曜の午後6時から8時まで、北杜市明野総合会館で開かれ、12人の小中学生が学んでいます。
 今、ひまわりゼミでは、主として小学生に基礎英語を指導いただける講師を求めています。
 週に1回、1時間でも大歓迎です。なお、報酬、交通費の支給はありません。
・お問い合わせは、電話080−6538−0849 明野ひまわりゼミ代表 駒谷さんまでお願いします。


■無料塾「希望」(タダゼミ) 参加希望者募集

・無料塾「希望」は、経済的に困難な家庭の中学生を対象に、学習支援をしています。
・来年の高校入試前まで、毎週1回、土曜日か日曜日に、およそ3時間の学習支援をします。
 昨年は、県内でおよそ70人の中学生が利用しました。本年度の参加希望者を募集しています。
 参加の対象は中学生です。3年生が中心ですが、2年生、1年生でも参加できます。
 費用は、かかりません。
・会場は、韮崎、北杜長坂のほか甲府、南アルプス、富士吉田の5カ所です。
 教科は、数学、英語を中心に、入試教科の国語、社会、理科も含めた5教科です。
・参加申し込みは、韮崎教室が、電話080−5086−6375
 北杜長坂教室が、電話090−1430−3743 へお問い合わせください。いつでも参加できます。




特定非営利活動法人(NPO法人)八ヶ岳コミュニティ放送 株式会社エフエム八ヶ岳
〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3409-2 TEL:0551-36-6700
メール送信 ↑このページのトップへ戻る
放送局概要 運営団体 サイトポリシー
Copyright(C) 2006 FM YATSUGATAKE.