エフエム八ヶ岳 トップページ エフエム八ヶ岳 タイムテーブル 月曜〜金曜 エフエム八ヶ岳 タイムテーブル 土曜と日曜 エフエム八ヶ岳 スタジオ エフエム八ヶ岳 運営団体 エフエム八ヶ岳 イベント情報 エフエム八ヶ岳 電波に乗せて宣伝します エフエム八ヶ岳 パーソナリティ紹介 エフエム八ヶ岳 はボランティアスタッフを募集してます
 八ヶ岳の森から心地よいサウンドと楽しい情報を発信  NPO法人コミュニティ放送 エフエム八ヶ岳
放送局概要 運営団体 サイトポリシー



東京スカイツリーより高い場所
穴山送信所があります


黒森山は独立山であることから
電波はほぼ円形に送信されます


放送エリア拡大のお知らせ
清里から甲府方面までクリアに受信

 エフエム八ヶ岳(NPO法人八ヶ岳コミュニティ放送運営 山本昭代表)は、5月31日正午から総務省関東総合通信局の認可を得て放送エリアを拡大しました。 従来の「北杜市を中心に韮崎市、長野県富士見町の一部」から、「北杜、韮崎、甲斐3市の峡北広域行政圏と南アルプス市、長野県富士見町の一部」となり、受信可能な想定世帯数にして18,342から36,148と倍増。 国道141号東側の北杜市須玉町や、更に北上した観光地高根町清里でもクリアに聞こえるようになりました。 また、甲斐市・甲府方面でも受信可能となりました。 この地域を車で移動する際には、是非カーラジオの周波数を82.2MHzにお合わせください。

 放送エリア拡大は、電波送信所親局(送信アンテナ)を北杜市小淵沢町の現在地から、韮崎市穴山町重久、標高約660メートルの黒森山山頂に移転することで実現しました。 小淵沢町の本社スタジオは従来のままで、現送信所は自家発電装置による災害用の予備局としてバックアップ機能させます。 穴山送信所と小淵沢送信所はNTT光回線でつないでいます。
 エフエム八ヶ岳はこれからも山梨県北部地域の住民の生活に役立ち、活力ある地域づくりに貢献できるコミュニティ放送局を目指します。 どうぞ、引き続きエフエム八ヶ岳の番組をお楽しみください。
 2013年5月31日 黒森山送信所開設の記念イベントとして、
中山勲アナウンサーによる にこにこランチタイム を現地から
生放送しました。





周囲が見渡せる穴山送信所
韮崎は勿論 遠く甲府方面が望めます


美しい八ヶ岳が一望です


木立の間から多くの山が見えます

エフエム八ヶ岳 穴山送信所 移転の概要
  移転後
(穴山送信所)
現状
(穴山送信所に移転後はEPPを半減して
予備送信所として残置)
1.送信周波数 82.2MHz
2.送信出力
   実行輻射電力(アンテナ出力)
   空中線電力  (送信機出力)

54W
20W

80W
20W
3.送信空中戦構成 3素子八木アンテナ 2段2面、1段1面
A面方向 : TNより  30° 2段
B面方向 : TNより  150° 1段
C面方向 : TNより  300° 2段
3素子八木アンテナ 2段1面、1段1面
A面方向 : TNより  75° 2段
B面方向 :T Nより  185° 1段

4.送信空中線海抜高 660.5m 930m
5.送信地点

   東経
   北緯
韮崎市穴山町重久6251-6、6252-6
(旧 UTY殿 アナログTV中継放送所用地)
138° 46’ 00”
 35° 24’ 16”
北杜市小淵沢町上笹尾3409-2

138° 20’ 10”
 35° 51’ 35”
6.放送区域内世帯数 36,148 18,342

皆様からの受信レポートをお待ちしています。


特定非営利活動法人(NPO法人)八ヶ岳コミュニティ放送 株式会社エフエム八ヶ岳
〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3409-2 TEL:0551-36-6700
メール送信 ↑このページのトップへ戻る
放送局概要 運営団体 サイトポリシー
Copyright(C) 2006 FM YATSUGATAKE.