宇佐神牧師の目からウロコ

土曜:9時~9時55分
日曜:9時~9時55分

■番組情報 宇佐神慎牧師は東京でトーク会を定期開催、聖書の目を通して解き明かすことで、世の中が面白いほど見えてくる…。「宇佐神説法」は聴く価値ありですよ。

■過去放送のアーカイブス
2019年4月20日
2019年4月13日
2019年4月6日



■パーソナリティ紹介

宇佐神 慎(うさみ まこと)

1959年8月2日生まれ
宮城県生まれ 茨城県育ち
茨城大学工学部
茨城キリスト教大学
東京基督教短期大学
経営企業:株式会社翔栄クリエイト、株式会社翔栄ウエルネス、株式会社ビセット
連絡先:080-3054-7793


■沿革

1987年:
通信機器(ビジネスフォン)の販売を行っている社員15名ほどの横浜市磯子の会社に入社。ところが、入社してみるとその会社は賃料も滞納する状況だった。
そこで宇佐神は、経費の心配をしなくていい会社にしたいと飛込み営業を夜遅くまでし、入社3ヶ月目には営業成績1位、同年年末には大きな契約を決めた。
ところがこれを機に、社長は立川と新潟に営業所を出し、宇佐神は立川への移動を命じられた。もはや3ヵ所に増えた拠点の経費だけでも、通信機器販売だけでは賄いきれず、業績は更に悪化した。

1988年:
一方社会は、OA機器全盛時代。宇佐神は社長に断りOA機器を中心に仕入先を開拓した。当時カラーコピー機や会計システムは1台500万円前後、建築CADも1台1,000万円~1,500万円もしていた。宇佐神はこれらを販売することで、入社3年目にして月間2,000万円程の売上を上げるようになった。

1992年頃:
宇佐神の売上げ拡大に乗じて社長は全国に13箇所もの営業所を出したが、宇佐神が在籍している営業所以外は全てが赤字だった。そのため宇佐神が開拓した仕入先への支払いが滞り、買掛金の未払いが、1000万円、2000万円とたまり始めた。
宇佐神は会社から営業経費のみを出してもらい、入社以来給与は1円も貰っていなかった。そして会社に住み込み、仕入先へ少しでも多く返済してもらおうと努めたが、仕入先への買掛金は増える一方だった。

1995年頃:
入社8年頃の宇佐神のもとには、200社ほどの仕入先から、「会社に連絡しても入金して貰えない」との相談が相次いでいた。これらを受けて宇佐神は、社長にそれぞれの仕入先への支払の約束を取り付けたが、約束は守られず、宇佐神は親戚や友人、お客様にまで個人的に借金して、仕入先への約束を実行していった。宇佐神は益々売上を上げるべく努力したが、その売上金は13箇所の家賃に空しく消えて行き、仕入の未払い金は増加の一途をたどった。そして責任だけが宇佐神の肩にのしかかり、まさに「決裁権なし、責任のみ」の状況になっていった。

1997年8月:
仕入先への未払金と宇佐神個人の借金は併せて1億円に達し、会社はもはや仕入が出来なくなってきた。そこで社長は宇佐神に、新会社をつくり、その会社で仕入をするよう提案してきた。宇佐神も仕入先を開拓した責任から、今までの仕入先への未払いを宇佐神が責任を負う条件で仕入先と話し合い、再度商品を卸してもらうことにし、自分で(株)翔栄システムを設立した。しかし、事務所は以前の会社の中に置き、協力しながら仕事を進め始めた。

1999年1月:
宇佐神の顧客であった(有)風間電設が閉鎖したことから、その社長であった風間が翔栄システムの社員第一号として加わった。この風間が現、設備工事事業部のスタートとなった。

2000年5月:
一方宇佐神が務めていた会社との関係は、仕入を翔栄システムで行い、商品を一旦勤めていた会社に卸し、売上を勤めていた会社で行っていた。勤めていた会社では、仕入先からの商品供給がストップしてしまったことから、もはや翔栄システム経由でしか仕入られなくなっていた。このため翔栄システムは、勤めていた会社への未回収の売掛金が益々多くなり、宇佐神個人の借金との総額は2億6千万円にまで達した。そこで宇佐神は勤めていた会社からの回収を断念しオフィスも移転。OA機器、オフィス家具販売といったオフィス内装に関わる業務を「空間デザイン事業」として集約・特化しはじめた。こちらが徐々に注目を浴び始め、業務内容の移行が功を奏し、業績も上がり始め、人材も充実していった。

2005年1月:
この頃には借金も完済し、本社を港区東麻布に移転、社名を(株)翔栄クリエイトと改める。

2019年現在:
これまでの(1)オフィスデザイン事業、(2)設備工事事業に加え、(3)太陽光・バイオマスといった再生可能エネルギー事業を手掛ける「クリーンエネルギー事業」、(4)web担当者育成を行うブランディング事業、(5)コールドプレスジュース販売を行うビセットプラザ事業(6)自社圃場で自然栽培を行うアグリ事業、またグループ会社として、(7)水素水サーバーの企画・販売を手掛ける「株式会社翔栄ウエルネス」、(8)トレーニングとフードコントロールでリバウンドしない身体をつくるダイエットジム「株式会社ビセット」を相次いで設立。現在、8事業3会社の経営を行っている。
また、J-CMCマネジメント・コンサルタント、経営労務コンサルタント、リスクマネジメント協会 上級会員(Certified Risk Manager)、の資格を持ってコンサルティングにあたっている。




宇佐神慎牧師